銀河の歴史がまた1ページ(日記)

Last Update (2018/12/09 22:30:14)
1997.09.06から数えて counter 番目のアクセスです。

ミラーサイト [www.ceres.dti.ne.jp] [yk.rim.or.jp]

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

ページ内目次


■ 宇宙暦 2018.12.09

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81201.html#20181209

2018.12.09(日) Docker for Windows (CE) stable版 新しいのでた (Docker Community Edition 2.0.0.0-win78 2018-11-19)

Docker for Windows (CE) stable版 新しいのでた (Docker Community Edition 2.0.0.0-win78 2018-11-19)

tag: docker-for-windows

今回からバージョンの付け方が変わるらしい。 Docker 18.09相当のようだ。

今回のリリースでは大きな変更はなくマイナーチェンジ版とのこと。

2018.12.09(日) ssh経由でrsyncする際に、向こう側のホストでsudoする

ssh経由でrsyncする際に、向こう側のホストでsudoする方法

tag: rsync,sudo,rsync-path

ssh経由のrsyncで外部ホストのバックアップを取る場合、sshで入れるユーザーはrootではなくてubuntuとかになっている。

ubuntuユーザーのままだとパーミッションの関係でバックアップできないファイルが結構でてくるので、ubuntuユーザーでsshしてroot権限でrsyncバックアップする時の小技。

相手側のホストでsudo rsyncはパスワードなしでできるようにあらかじめ設定しておいて、 --rsync-path="sudo rsync" と指定する。

以下実例。

export LANG=ja_JP.UTF-8
rsync --progress -av -e "ssh " --rsync-path="sudo rsync" --delete --exclude .ssh/  george@${FROMHOST}:/home/george/    /newdisk/rsync/home/george/

■ 宇宙暦 2018.12.06

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81201.html#20181206

2018.12.06(木) ソフトバンク大規模通信障害

ソフトバンクの大規模通信障害が発生中

jdiaryB81206.jpg 182,584bytes

東京周辺、大阪周辺、名古屋周辺みんなダメっぽいね。 報告数が多いから地図に出てるけど、これ日本全国ダメなんじゃ・・?

写真画像はダウンディテクターから 15:20ごろのもの

p.s.

入場チケットのQRコード確認もできなくなるのか。なかなか大変だ。

p.p.s

原因はエリクソンのvMMEの証明書の期限切れとのこと。

まれに良くあるヤツだwww

結局、13:39ごろから21時ごろまで全国的に通信不能だった。

ソフトバンクのiPhone8 Plusは3Gモードにフォールバックしてたけど、全く通信できなかったw

変な予告CM入れてて一部ではウケてた模様


■ 宇宙暦 2018.12.03

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81201.html#20181203

2018.12.03(月) Windows用のインストール支援システムにはScoopというのもあるらしい

Windows用のインストール支援システムにはScoopというのもあるらしい

tag: scoop,windows,chocolatey

https://chocolatey.org/ chocolatey との違いは、Admin特権不要( インストール先は全部個人ユーザーディレクトリの中の ~/scoop/以下 )ということらしい。

主に開発用のコマンドラインツールを中心にパッケージというかバケットを提供するとのこと(chocolateyはFireFoxとかWinMergeとかメジャーなGUIモノも提供している)。

Spring Boot のドキュメントの中で出てきたのでメモ


■ 宇宙暦 2018.11.23

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181123

2018.11.23(金) Windows 10 Pro 64bit ver 1803 にて vagrant + virtualbox で FreeBSD 11.2 synced_folder

Windows 10 Pro 64bit ver 1803 にて vagrant + virtualbox で FreeBSD 11.2 synced_folder

tag: vagrant, freebsd, virtualbox

以前の日記でsynced_folder設定は disalbed: true にすると書いたが、 今日試したらvagrant up時に Vagrantfile のあるフォルダを丸ごと rsync してくれた。

余談だが、vagrant rsync node1とかやると、再度ホストの Vagrantfileがあるディレクトリ から ゲストの/vagrant にrsyncできる。

ふむ。これで色々できそうだな。

以下、現在のVagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "freebsd/FreeBSD-11.2-RELEASE"
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type: "rsync", rsync__exclude: [ ".git/" ]
  config.ssh.shell = "sh"

  # node 1 : メインマシン
  config.vm.define "node1" do |machine|
    machine.vm.hostname="node1.nerv.local"
    machine.vm.network :private_network, ip: "192.168.54.11", private_network: "intnet"

    machine.vm.provider "virtualbox" do |vb|
      vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "2400"]
      vb.customize ["modifyvm", :id, "--cpus", "2"]

      # add storage
      file_to_disk = "../vagranthdd/54-freebsd112-workdisk.vdi"
      unless File.exist?(file_to_disk)
        vb.customize ['createhd', '--filename', file_to_disk, '--size', 200 * 1024] # 200GB
      end
      vb.customize ['storageattach', :id, '--storagectl', 'IDE Controller', '--port', 1, '--device', 0, '--type', 'hdd', '--medium', file_to_disk]
    end

    # PROXY設定を環境変数PROXY_SERV_PORT,PROXY_USER,PROXY_PASSから読み込んでVM側に持ち込む
    # https://qiita.com/hakomikan/items/860bb960699889849933 Vagrantfile をコミットするために - Qiita
    machine.vm.provision "export env",
    type: "shell",
    run: "always",
    privileged: true,
    inline: <<-SHELL
        mkdir -p /etc/profile.d
        echo "# vagrant script for every boot" > /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_SERV_PORT=#{ENV['PROXY_SERV_PORT']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_USER=#{ENV['PROXY_USER']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_PASS=#{ENV['PROXY_PASS']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_SKIP=#{ENV['PROXY_SKIP']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        chmod +x /etc/profile.d/vagrant.sh
    SHELL

    # shell provisioner
    machine.vm.provision "shell", path: "setupscripts.sh"

  end

end

■ 宇宙暦 2018.11.18

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181118

2018.11.18(日) 新型 iPad Pro 11/12型は折れやすい

新型 iPad Pro 11/12型は折れやすい

マイクの穴とApple Penワイヤレス充電用端子があるだけで中央の強度ボロボロになるんだなぁ...。

日本には世界に冠たる満員電車があるので、総武線とか東海道線にiPad Pro持ち込んだら粉砕されるね


■ 宇宙暦 2018.11.12

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181112

2018.11.12(月) 2018秋アニメ

2018秋アニメ

tag: anime

既に6話が放送された後だけど、そこそこ話題になっているのは以下のようだ。とりあえず見物中。

リンク先は dアニメストア 月額400円。 docomoスマホ料金とあわせて決済している。 (docomoスマホじゃなくてもOKらしいが、詳しくはわからん)

つかネット動画はマジで堕落するw 録画すらしなくなったぞ...。


■ 宇宙暦 2018.11.10

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181110

2018.11.10(土) helm listでバージョンが違うと怒られた時には helm init --upgrade する

helm listでバージョンが違うと怒られた時には helm init --upgrade する

tag: kubernetes, helm

helmのクライアントを(chocolateyとかで自動的に)バージョンアップしてしまった場合、以下のように非互換エラーメッセージが出る

george@KabyLakeS /c/home/git/kjwikigdocker $ helm list
Error: incompatible versions client[v2.11.0] server[v2.10.0]

helm init --upgradeすればtiller (server in pod) 側も最新になる。

george@KabyLakeS /c/home/git/kjwikigdocker $ helm init --upgrade
$HELM_HOME has been configured at C:\Users\george\.helm.

Tiller (the Helm server-side component) has been upgraded to the current version.
Happy Helming!
george@KabyLakeS /c/home/git/kjwikigdocker $

■ 宇宙暦 2018.11.06

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181106

2018.11.06(火) サブ機のHHK Lite 2のカーソルキーが壊れたっぽい

サブ機のHHK Lite 2のカーソルキーの←だけ生きてて、↑↓→が効かない...なんぞこれ

Fn + [;'/ は効くから逃げられると言えば逃げられるけど、 カーソルキーなんてほとんど使わないやろwwwとは言えない... viとかemacsだけならカーソルキーいらんけど、他にもアプリ使うし...

というわけで、新しいHHK Lite2ポチっておいた


■ 宇宙暦 2018.11.04

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181104

2018.11.04(日) FreeBSD-11.2-RELEASE on Windows 10 Pro ver 1803 , vagrant , virtualbox でディスクを追加してみる

FreeBSD-11.2-RELEASE on Windows 10 Pro ver 1803 , vagrant , virtualbox でディスクを追加してみる

tag: freebsd,vagrant,virtualbox

リリースのアナウンスに書いてある以下の手順だと、Windows 10 Pro 1803 + vagrant + virtualbox では起動しなかった。

vagrant init freebsd/FreeBSD-11.2-RELEASE
vagrant up

Vagrantfileを以下のように書くのが起動する最低限設定のようだ。

(config.vm.synced_folder は便利なので、使えるようになって欲しいところ)

cat > Vagrantfile << "EOF"
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "freebsd/FreeBSD-11.2-RELEASE"
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", id: "vagrant-root", disabled: true
  config.ssh.shell = "sh"
end
EOF
vagrant up

前回の記事では、メインディスクのサイズを変更する方法をやってみたが、毎回やるのは面倒で困るw

Vagrantfileに以下のように書くと、IDE Controllerのprimary slaveにvdi形式でディスクを追加できる。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

  # Every Vagrant development environment requires a box. You can search for
  # boxes at https://vagrantcloud.com/search.
  config.vm.box = "freebsd/FreeBSD-11.2-RELEASE"

  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", id: "vagrant-root", disabled: true
  config.ssh.shell = "sh"

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "4096"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--cpus", "2"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--hwvirtex", "on"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--vram", "256"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--audio", "none"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--nictype1", "virtio"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--nictype2", "virtio"]

    # add storage
    file_to_disk = "./vagrant/workdisk.vdi"
    unless File.exist?(file_to_disk)
      vb.customize ['createhd', '--filename', file_to_disk, '--size', 200 * 1024] # 200GB
    end

    vb.customize ['storageattach', :id, '--storagectl', 'IDE Controller', '--port', 1, '--device', 0, '--type', 'hdd', '--medium', file_to_disk]
  end

  # setup script
  config.vm.provision "shell", path: "setupscripts.sh"

end

本体ディスクはada0, 今回追加したディスクは ada1 として認識される。

FreeBSDハンドブックに従って、ディスクの初期化とマウントを行う初期化スクリプト(setupscripts.sh)は以下。

#!/bin/sh

set -e

f_log() {
    echo "■ $@"
}


f_log "bashインストール"
pkg install -y bash


if [ ! -d /newdisk ]; then
    f_log "gpartディスク追加 ada1"
    # GPTを作成
    gpart create -s GPT ada1
    gpart show ada1
    # ada1のほぼ全部をfreebsd-ufsで確保する
    gpart add -t freebsd-ufs -a 1M ada1
    gpart show ada1
    # ファイルシステムを作る
    newfs -U /dev/ada1p1
    # マウントポイント作成
    mkdir /newdisk
    # fstabに追記
    echo "/dev/ada1p1    /newdisk    ufs    rw   2  2" >> /etc/fstab
    # マウント実行
    mount /newdisk
    df -h
fi

f_log "セットアップ完了"
exit 0

Vagrantfileとsetupscripts.shを改行コードLF、文字コードUTF-8でファイルに書いて、 vagrant upすると出来上がり。

vagrant destroyすると、追加ディスク用のvdiファイルも自動的に消してくれる。

バックアップ用途とかなら、OS起動ディスクを無理に増やすより、別ファイルvdiを別ディスクとしてattachして使うのが便利かもしれん。


■ 宇宙暦 2018.11.01

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB81101.html#20181101

2018.11.01(木) インプレスも電子出版でpdf版をダウンロードできるらしい

技術評論社とかオライリーもそうだが、インプレスの本も電子出版でpdf版がダウンロードできるようだ。

まだ自分では買ったことないけど、そのうち何か買って試してみよう

一つの書籍ページまで行くとAmazonで買うとか楽天で買うとかいろいろな購入リンクがあって面白い

代金はクレジットカード決済またはコンビニ振り込みのようだ


old day diaries...


日記ファイルリスト最新100件


Copyright(c) 1996-2018 George(小濱 純). All rights reserved.
私の作成したページへのリンクはご自由にどうぞ。
このページに間違いや要望などがありましたら george@yk.rim.or.jp まで御連絡ください。
メール本文に 6020-5440-3372 と書いて頂くと、ウチのSPAMフィルタを通過できます(2009-06-14から2018-12-31まで)。

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

home: <george@yk.rim.or.jp> or <george@ceres.dti.ne.jp>
(I am using white list SPAM filter. To avoid it, please write 6020-5440-3372 in mail body. This key word is valid since 2009-06-14 until 2015-12-31.)