Panel:6

 ラクーン

 マーキングから判断すると、第7装甲猟兵連隊第1中隊ポール・バレル曹長機のようだ(NITTO製 RACCOON キット付属の解説カードの情報から)。Model Graphix2000年8月号にも同機のストーリーが掲載されている。同ストーリーによるとこの機体は砲兵観測用にラクーンを改修した機体なのだそうだ。

 ちなみにこの場合の砲兵観測とはドールハウスに対して、ミサイルを撃ち込む場所を電子機器などを用いて指示すること。これによりドールハウスはその射程距離内のほとんどのものを目標とすることが出来る。