カリフォルニ情報
○アメリカのワイン法
○画像入り葡萄品種
○その他、CWに関連
な有効情報は、見に来てネ。

はまの酒店メルカード店 浜野博氏     
VS
268ワインセレクション 斉藤版 10番勝負!
 以前までは、Vin du 268 側はいつもセレクターはリキでした。
 それも後進に譲ろうと、斉藤がセレクターを勤めたので、私は、観戦者側に回って皆様にレポートいたします。

対決者:浜野博について
 山梨大学醸造科(正式名は分からない)を経て現在の酒屋と、異色の経歴を持つ酒屋のオーナー。私の古くからの友人でもあり、若い頃は共に珍しいワインを飲み漁っていた仲間でもある。
 対戦においても、熟知していているはずであるが、どうも生産国がフランスに偏ってしまう傾向がある。その傾向は、二年前の過去の対戦を見ても同じと言うことは、そのこだわりは現在も続いているのか。ただ、その偏向に、ファンが居るのも事実です。
ワイン対決とは、、、その方法
基本はお客様の立場で、「美味しいワインを選ぶのはどっち?」
セレクション対決で、その評価はお客様がするという、
至極簡単なお遊びです。
ルール ワインセレクター(選者)二人が、どちらが美味しいワインを提供するか。
ワイン予算 三種類(それぞれテーマを決めて)、トータル6000円以内、ワインへの振り分けは自由。
対決方法 ワインをアルミフォイルでラベルが見えない様に巻き、どちらが誰のワインか判らないようにして、各テーマ毎に2つのワインをお客様に飲み比べて頂きます。
審判 参加されたお客様の投票により決着します。各テーマごとに好きな方に○をいれる。
3テーマ中2つのテーマのワインで多数を取った方の勝ち。
同点の場合は安いワインの勝ちとする。
附番: ワインの識別は数字、英字の場合、順列がついてしまうといけないので、「い・ろ・は・に・ほ」とワインを識別する。
本日のワインリスト 参加人数:17名  
1R:ブドウ品種【シャルドネ】対決
↓浜野氏セレクトワイン ↓斉藤セレクトワイン
(い)
シャルドネ/カリテラ[2004]
チリ
\998
6票 (ろ)
ローリング シャルドネ
/キュムラス[2003]
(オーストラリア) ¥1732
11票
 生産者によって、生産地によって、色々表情を変える品種。キーワードは樽を感じさせるか否か。夜になると少々肌寒さを感じるもすがすがしい気候の下、輪郭をどうもたらすのかが、セレクトの鍵になるのでは?
-----

(い)
 トロピカル、旨みが少し片寄っている感じを受けるが、ワインの印象に大勢に影響を及ぼすほどではないだろう。
(ろ)
 ソフト、柔らか、クリーンな透明感を感じてから、豊かなボディを見せる。グラスに注がれた一杯だけでも、その印象を受ける。ポテンシャルを感じさせるが、その微妙な位置を、どれだけの方が感じるのだろう。

 私は、明快さから、「い」とした。
-----

 結果は、アタックに難しさを残すのに5票もの差を付け、ローリングとなった、飲み直せば明らかに酒質の違いが目に付くも、一杯目の様相から、それを察知しての投票結果は、今夜のお客様方は、飲み慣れた方が多いのか?

 =楽しいコメント=
い:ブルゴーニュ・オー・コート・ニュイだろう。
 --ウム〜そこまでを感じたかぁ、カリテッラ恐るべし。
い:そんなワインと今日まで100回
 --つまり、このクラスのワインをいつも飲んでいるということなのですね(^o^)
2R:フランス【ロワール地方】赤ワイン対決
(に)アンジュー ガメィ 
(ドメーヌ ド ラ サンソニエール)[2000]
\2,500
7票 (は)フィエフ・ヴァンデアン 
ブレム ルフレ
/ドメーヌ・サン・ニコラ[2001]
\1,596
10票
 ロワールといえばどうしても白を連想してしまう。そこをあえて赤とは、選者二人は一体何を考えて、このテーマにしたのだろうか?
 ロワールの赤ワイン用許可品種といえば、ガメイ、ピノ、カベルネ・フランぐらいしか思い出せない。果実味からのボディよりラインというか輪郭をどう表現して、支持を貰うかが、勝敗の分かれ目になるだろう。
-----

(は)
 チリチリとしたのみ心地を感じる。お客様方から「ビオや」との声もここそこに聞こえる。これは難しい、このチリチリの向こうに見える、チェリーまで、皆さんたどり着けるのだろうか。だとすれば、苦戦を強いられる。
(に)
 素直にして伸びやか、その落ち着きからも、熟成からの複雑さも兼ね備え、これは紛れもなくピノだろうと、確信を持っていた。

 私は奥行きの深さから、「に」とした。
-----

 結果は三票と僅少ながら、サン・ニコラが制する。選者として、不安定な酒質のビオを選んだのは勇気がいった事だろう。この結果だけは、私も理解できないが、唯一思い当たる事があるとしたら、それは、フレッシュさだろう。
 1Rもフレッシュさでは「ろ」のワインだったのだから。熟成の香りは時として、このような大勢の時には、向かないのかもしれない。
 私を含め「に」のワインにピノを感じた方が多かったのは、随分と頷いてしまった。

 =楽しいコメント=
は:268さんのワインだぁ〜
 --そしてそのコメントの横に店内地図が書いてあり、印の場所にあるワインだと。これがあたっているだけに、まいったぁ〜

3R:ブドウ品種『南仏系』赤ワイン対決

(ほ)ラ グラメノン
A.C コート デュ ローヌ 
(グラメノン)[1996]\2,250
5票 (へ)ブラハム シラーズ [2001]
(南アフリカ)\2,625
12票
 アバウトなテーマです。せめて「黒胡椒をイメージして」。なんてのが、楽しかったのでは?などと思いつつ、まずは本国のローヌのワインを出してくるか、その他の国のワインを出してくるか、どちらにしても味わいは線から面への好みの差を問う対決になるのは必至です。

-----

(ほ)
 素直にローヌ。伸びやかで角が取れ、線で楽しませてくれる、スムースさが心地の良いワイン。
(へ)
 豊かなボディ、コーヒーや味わい深さが熟成の入り口を示し、複雑味が果実味へ走るスタイルにアクセントをもたらす。

 これは文句なく「へ」がもっていくだろう。
-----

 3ラウンド目にして、初めて私の好みと、皆さんの好みが一致した。この場合、誰もがブラハムが勝つであろうことは、浜野氏でさえ予想が出来たはず。なぜここに、グラムノンを選んだか?
 それには、彼の拘りがあるのだろう。負けてもいい「私の主張です」そう言いたげな事を言葉にせずに、ワインでしたように思いました。ワイン屋をやっていると、その拘りは幾許か求められる要素ですね。

 このセレクトをした浜野氏に、私は密かに拍手を贈っていた(^o^)

 =楽しいコメント=
ほ:グラムノン コート・デュ・ローヌ
 --あなたね!グラムノンを何度飲んだ事があるの?
  それを、ブラインドで当てるなんて、なんて記憶力だ。
  少し驚いたコメントでした。
投票数合計
はまの酒店メルカード店
浜野博氏
18
Vin du 268
斉藤龍一郎
33
3勝で斉藤の勝ち
浜野氏 対戦を終えてのコメントはキットここに書き綴ってくれるでしょう。
総集計参考データ(太字はワインが何か分かっていたコメントを残していた方)
試飲者 ワイン名 MM KS YK MJ HI HT KB SH ET MA YM TZ NF RT RK JG AT 合計
1R チリ 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 0 0 0 0 1 1 1 6
豪州 1 1 1 1 1 1 0 0 0 1 1 1 1 1 0 0 0 11
2R ピノ 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 0 1 0 0 0 0 0 10
ガメイ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 1 1 1 1 1 7
3R グラムノン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1 0 1 1 5
ブラハム 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 0 0 1 0 0 12
勝利ワインへの投票数 3 3 3 3 3 3 2 2 2 2 2 2 1 1 1 0 0
週刊ワイン会参加方法
神鉄田尾寺駅から歩いて3分
カフェ・ジャマイカ
にて開催される
毎週金曜日のワイン会です。
参加方法:金曜日夜8時30分までに、
カフェ・ジャマイカに集合するだけ
カフェ・ジャマイカのアクセス
●神戸電鉄 田尾寺駅下車、南へ3分。
●お車では、中国自動車道 西宮北インター神戸方面 下車。一つ目の「西宮インター」交差点右折すぐです。約1分。
●駐車場は店の北側20M先の右側に20台は止めれます。
●神戸市北区有野中町3丁目14-25 プチ立花 1F
  TEL&FAX 078-982-7754 日曜定休(時々月曜日)