有史以来兵庫県のどこかに震度5以上を与えたと推定される地震   

Google
発生年月日 震央  規    模
マグニチュード
備 考
西暦 和暦 東経 北緯
599. 5.28 推古  7. 4.27           7.0         
701. 5.12 大宝  1. 3.26 135.4 35.6 7.0     
745. 6. 5 天平 17. 4.27 136.6 35.5 7.9     
827. 8.11 天長  4. 7.12 135.6 34.9 6.7    
868. 8. 3 貞観 10. 7. 8 134.8 34.8 7.1 (6)
887. 8.26 仁和  3. 7.30 135.3 33.0 8.6 (6)
938. 5.22 天慶  1. 4.15 135.8 33.0 6.9    
1096.12.17 永長  1.11.24 137.3 34.2 8.4   
1361. 8. 3 正平 16. 6.24 135.0 33.0 8.4   
1449. 5.13 宝徳  1. 4.12 135.6 35.0 6.4   
1498. 9.20 明応  7. 8.25 138.2 34.1 8.6    
1510. 9.21 永正  7. 8. 8 135.7 34.6 6.7    
1579. 2.25 天正 7. 1.20 135.5 34.7 6.2    
1596. 9. 5 慶長  1.7.13 135.7 34.8 7.0   
1662. 6.16 寛文  2. 5. 1 136.0 35.3 7.6   
1707.10.28 宝永  4.10. 4 135.9 33.2 8.4 宝永地震
1751. 3.26 宝暦  1. 2.29  135.4 35.0 6.4   
1854.12.23 安政  1.11. 4 137.8 34.1 8.4 安政東海地震
1854.12.24 安政  1.11. 5  135.6 33.2 8.4 安政南海地震
1864. 3. 6 元治  1. 1.28 134.8 35.0 6.4 (6)
1891.10.28 明治 24 136.6 35.6 8.4 濃尾地震
1916.11.26 大正  5 135.0 34.6 6.3 (6)
1925. 5.23 大正 14 134.8 35.7 7.0 (6)北但馬地震
1927. 3. 7 昭和  2 135.1 35.6 7.5 (6)北丹波地震
1943. 9.10 昭和 18 134.2 35.5 7.4 (6)鳥取地震
1946.12.21 昭和 21 135.6 33.0 8.1 南海地震
1949. 1.20 昭和 24 134.6 35.6 6.5 (6)
1952. 7.18 昭和 27 135.8 34.5 7.0 吉野地震
1961. 5. 7 昭和 36 134.4 35.1 5.9    
1963. 3.27 昭和 38 135.8 35.8 6.9 越前岬沖地震
1984. 5.30 昭和 59 134.6 35.0 5.6 兵庫県南西部地震
1995. 1.17 平成  7 135.0 34.6 7.2 (7)兵庫県南部地震
(注)
和暦の元治までは陰暦。
備考欄の括弧内の数字は県内のいずれかに震度6または7以上を与えたと推定される地震。

 これで見ますと、兵庫県内では平均して43年に1回の割合で大きな地震が発生しております。しかし、昔には上記のほかに記録に残っていない地震も数多く有ったのではないかと考えられます。また、注目すべきことは1854年12月にわずか250キロほど離れたところで2日連続で巨大地震が発生しております。すなわち平均はあくまで単純に計算した平均値であり、「1995年に大地震があったから当分大きな地震はないだろう」という通説は単なる期待感でしかありません。
   

  

ymat