芦屋ガイドマップ3(AED設置施設の部)
(AED=Automated External Defibrillator:自動体外式除細動器)
 
 AED(自動体外式除細動器)とは電気ショックが必要な心臓の状態を判断できる心臓電気ショックの器械です。突然死の死因のほとんどは心臓疾患です。それを心臓突然死といい、その大部分は心室細動という病気です。
 心室細動になると心臓がけいれんし、ポンプとしての役割が果たせず、助かるチャンスは1分経過するごとに約10%づつ失われ、10分後にはほとんどの人が死に到ります。この心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は除細動(心臓への電気ショック)です。そこで、早期の除細動ができるAEDの使用が必要となり、素早い除細動は社会復帰の鍵にもなります。AEDを自宅、学校、職場、たくさんの人が集まる公共の施設など様々な場所に置き、AEDを使うことで、突然死を防ぐことができます。AEDは除細動が必要かを判断し、救命の手順を音声にて指示して除細動を含めた救命行為が簡単に出来るように作られています。詳しい説明と使用方法の一例についてはこちらへ。
地図上に マークが出るまでお待ち下さい。少し時間(十数秒)がかかるかも知れません。
右の施設名をクリックすると該当箇所を示す吹き出しが表示されます。
吹き出し内の下線付き施設名をクリックするとそこのホームページが開きます。
地図上をマウスでドラッグすると地図が移動します。
地図の周囲の余白部にマウス(左ボタン)を、押している間、地図が連続移動します。
地図の下の「地図/衛星」をクリックすると地図と衛星写真が交互に替わります。
地図の下の「拡大」「縮小」をクリックするとズームを変えられます。
地図上をダブルクリックすると、そこが地図の中央に来ます。