北海道気球研究所

北海道落下傘研究所
GOLDEN-KNIGHTSのページ(大会エントリーなど)
研究所長の研究レポート  (2007/5/17更新)
チーム神森のBBS
最近の動向

8/18




yahooのメールサーバーが勝手に受診拒否をし始めて、
ここ暫く必要なメールも届かなくなりました。

かねてから言っておいた通り、このHPからMIXIへと、
比重を移しますので、もしMIXIへの参加希望のメールを僕に送ったのに、
返事が来ない、と言う人が居ましたら、
上記の理由が考えられますので、再度、ここに書いてあるアドレスまで、
メールを下さい。宜しくお願いします。

(リンクをするとスパムメールが来るので、
上記アドレスは映像となってます。
申し訳有りませんが、メールアドレスは自分でを記入して下さい。)




7/1

チャッピー君の披露宴に参加してきました。
何とか、かんとか2時間の忍耐を持ちうる事が出来て、
彼らの披露宴を汚す事もなく、ホッとしております。

チャッピー君が御自身の両親に八戸『塾長』を紹介する時言った言葉
『熱気球のライセンスを取る時にお世話になった教官です』
と説明したのを受け て、紹介された塾長が『いえ、鬼教官でして・・・』
とご両親に謙遜して受け答えていたのですが、
それを横で聴いていた僕は、
そんな世間的常識からかけ離れ た妄想が脳内で浮かんできまたした。
その映像は、只今、TVショッピングで話題の
ビリー・ブランクス監修の『ビリーズブートキャンプ』。

パイロットトレーニングを行っている鬼教官ビリー(八戸塾長)が、
新兵(トレーニング生)に対し
「貴様、それがお前の限界だとでも言うのか!」とか
「そんなお前を生んだお前の母親は、
さぞかし××な奴に違いないのだろうな!」とか
「お前の苦しむ姿を見ると、俺の○○が××になって、
最高の喜びだぜ!×××が##を***になる事を心底・・・」
などと罵倒して女子大生を泣かせている鬼軍曹の姿が、妄想で浮かびました。

めでたい高砂の席で、こんな事を考えている僕は、間違いなく病気?
(って言うか、これは『ビリーズブートキャンプ』では無く
『フルメタルジャケット』ではなかったか?)




6/30



かねてより招待されていた八木下さん(通称チャッピー君)
の結婚式にこれから出席してきます。
一時期のパニック状態より、いくらか体調がましになったけれど、
披露宴の2時間を我慢出来るかどうかが問題・・・
こう書くと、なんだか4歳児並みの忍耐力しかないようで、情けなくなるなぁ。
でも、迷惑掛けないようにしなきゃ。



昨日の夜は、ずいぶん前に買ったのに視ていなかったDVDを見ました。
去年、映画館で見た後に僕がHPで絶賛した
『時を掛ける少女』です。今レン タルでも出ているので、お暇な方はどうぞ。
それにしても、去年、映画館で見た時は札幌では1館のみの上映で、
しかもその時の客は僕一人だけだった、と言 う、
営業的には残念な結果だったようです。
去年、同時期にやっていた『ゲド戦記』を見て失敗したな、
と思っている方、騙されたと思って見てみて下さい。




6/28

昨夜は仕事場に泊まり。
昨日の朝自宅を出る時に、ウサギの餌箱と水を
満タンにしてくるのを忘れてしまったので、
今日は早く帰らないと、ウサギが腹を減らせて待っている事と思う。

一人で診療所で待機している時、急に気になる事があって、
職場の机の上にある『今日の治療薬』という本を開いてみた。

・・・やっぱり有った。
アレルギー持ちの僕が常用している
抗アレルギー薬『プレドニゾロン』の多数有る副作用の中に
『精神変調、うつ病』の文字が。
プレドニゾロンを含めて、ステロイドは強力な万能薬である反面、
リバウンドも多岐に渡る。
アレルギー科の医師が「この程度の使用なら大丈夫ですよ」
と言っていたけれど、やはり5年くらい飲み続けていれば
何処かに歪が出てきてもおかしくない。

でも、仮に情緒不安定の原因がプレドニゾロンの副作用だとしても、
その薬を飲んでいる理由が『仕事で牛に触るとアレルギーが出るから』
であり、プレドニゾロンを止めるためには、
結局今の仕事を辞めなけばいけない、と言う事。
・・・なんだよ、結局理由はどうあれ、結論は一緒じゃないか?
薬を飲みながら、我慢して仕事をして、
結局からだと心をボロボロにしただけで、
残ったのは多少のお金、と言う事か・・・



(近所にある公園。何故『おにぎり』かと言うと、
土地が三角形のおにぎり形だから)



6/26

最近、出勤する前にTVを見るのだけれど、
殆ど地上波を見なくなって、もっぱらBS1ばっかり視る。
朝BSで流れているのは、時差の関係で前の日に放送された、
アメリカCNN、イギリスBBC、フランス2、ドイツZDF、アルジャジーラ等々のニュース。
おかげで世界情勢には大変詳しくなったが、
他人から今日の札幌の天気を聞かれても判らないと言う、
かなり偏った人間になってしまったようだ。

海外繋がりの話題で、台湾旅行の時にガイドさんから言われたのだけれど
、『日本人はお酒を飲み過ぎる』そうだ。文化の違い、
と言えばそれまでかも知れないけれど、
同じ黄色人種として欧州人ほどアジア人はお酒には強くないはず。
一昨日の三笠宮のアルコール依存症のニュースを思い返すと、
日本人は『生物としてとして』本来飲める量よりも、
『酒を飲み過ぎ』るから、依存症になりやすい、
と言われても仕方がないのかも知れない。



(台湾の屋台で食事中)



6/25

ふわふわと漂いながら、今日も一日過ごしました。
落ち込んだり、また少し浮き上がったり、
それでも、買ったは良いけれど、
その後読書すら辛くなり積んだままになっていた本を
読む位の気力が出てきました。

あんまり気分の高低差が激しいと、何しでかすか判らないので、
気分が高揚している時でも、敢えてセーブを掛けています。

そういえば皇室の三笠宮がアルコール依存症で入院治療
とのニュースをやっていましたが、一昔前ならこんな話はひた隠しにするところを、
敢えて発表した宮内庁は、大英断だと思う。
でも、皇室は『日本の象徴』で有るのだから、
日本にこれだけ心に病を持っている人が多い昨今、
きちんと病気を認め治療を行うその姿勢は、
きっと今現在治療中の人やその家族達に、良いメッセージになったと思う。



6/23

1週間程前のパニック状態から、ずいぶん回復しました。
皆さんにご心配掛けて申し訳ありませんでした。

心療内科に処方して貰った薬がだいぶ効いたようです。
この薬を処方される時、医師から、
「この薬を飲むとねぇ、疲れるんだよねぇ」と言われて、
「は?つ、疲れるんですか?」とびびってました。
だって、只でさえボロボロなのに、「疲れますよ」って・・・

医師が言うには、溜まっていたストレスが表面化するから、
飲み始めて暫くは、そのストレスが出切るまで疲労感が感じられるのだという。
「ホンマかいな?」と半信半疑でその薬を飲んだら、
あーら不思議、本当に疲れがドォ〜と襲って来て、
そのまま熟睡。翌朝は睡眠薬とは比べ物にならない位、
心地よい目覚めが待っていました。

うーん、これって、気持ちがブルーの時に、
わざと悲しいドラマを見て思いっきり泣いて、
翌日すっきり、みたいな物か。(って俺はOLか?)

さすが、餅は餅屋。
こんなやり方があったとは知りませんでした。






6/21

結局、今日飛び込みで心療内科に行ってきました。
都市部は『要予約』のところが多かったので、
ちょっとへんぴな場所にある病院に行きました。
医者から『自殺を具体的に考えた事がありますか?』
と聞かれたので、
『いや、親戚で自殺者が出た時に、どれだけ周りが大変だったか見てますので
、それはないです』と答えたら、僕よりも若いその医者は、
何かホッとしたような顔をしてました。
そんな彼の顔を見た時に、大変なんだなぁこの仕事も、
と、ちょっと彼に同情してしまいました。

帰りに、札幌に1件だけの『ウサギ専門店』に寄って買い物をしてきました。
でも、犬や猫と違って、1顧客あたりの単価が安いから、
どんなに繁盛してももうけは知れてる気がする。
成り立っているのかな?





6/18

寝酒を減らして、睡眠薬を使って寝るようにし始めて、
何とか眠りを維持出来る様になってます。
只、寝覚めが爽やかでない事、下手をすると、
車の運転に差し支える事など短所もあります。
最大の欠点は、記憶に障害が出る事でしょう。
特に寝る前の記憶が無くなる事が多く、
就寝前に読んだ本や書いたメールの内容を
翌日に覚えていない事がままあります。
一番ひどかったのは、朝、目が覚めたら、
テーブルの上に料理が山盛り作ってあって、
殆ど手つかずの状態で残っていた、と言うのがありました。
間違いなく自分で作ったのでしょうが、
全く記憶に残っていませんでした。
この時は、『こ、小人さんが出た・・・?』と愕然とし、
その後自己嫌悪に陥って、泣きました・・・



6/17

何とかかんとか、愛別に行ってきました。
コマンドーさんが、1日で5人のタンデムを実施しました。
僕らの自力で、1日5タンデムは記録です。
しかも女性ばかり。
コマンドーさんの目尻は下がりっぱなし・・・



これにより、コマンドーさんは延べ26人のタンデムを達成した為、
いつでもタンデムのリクエストに応えられるようになったそうです。
めでたい。

そこそこ疲れたので、睡眠薬無しで眠れるだろう、
と思い、薬を飲まずに床に入ったが、結局、2時間位しか眠れなかった。
コマンドーさんは、今でも進化しているのに、
僕の方は泥沼に足を取られて居る状態です。



6/16

・・・自分勝手なパニック状態に対して、
思いもよらなかった多くの方から、サポートメールを頂きました。
何とも、有り難い話です。
それだけでも、このHPを続けていた意味が有ったと思います。
メールを頂いた本当に皆さん、有り難う。
僕は非弱な人間ですが、いずれ何か、きっと、何時か皆さんに・・・
(は、無理かと思います。)

暫くはこのHPとMIXIのパラレルで進行させようと思います。
(でも多分、何処からでも書き込み出来る分、MIXIの方が更新が早いでしょう)
その書き込みで心のリハビリに努めたいと思います。
もし僕の文章が読みたいと云う(奇特な)希望の方には
こちらからMIXIの招待状を送りますので、
メール下さい。(MIXIも、もう、いささか時代遅れではありますが。)

でも、面白い事、役に立つ事は書けないかとも思います。
結局、愚痴の垂れ流しです。
少しでも「あ〜、有るよね、そんな事」なんて、共通点が発見出来れば、
少しは僕の生きる糧になる事でしょう。それを目指します。




6/14


何が切っ掛けだったんでしょうか?
ウサギの死?季節的な物?それとも、もう数年前から?
でもそれは、卵が先か、鶏が先か、の議論と同じで無意味なんでしょう。
体調不良→気分沈鬱→引きこもり→運動不足→不眠症→体調不良・・・
そんな悪循環の中、その中を浮かんだり、沈んだりしている最近です。

只今のこの状態は、『心の風邪』の治療中と思って、日々過ごしています。
自然にと良くなればいと思いますが、風邪と同じで、
こじらした場合は、やっぱり医者に行くべきなんでしょうね。

体の状態によっては、HPのクローズも考えてます。
このHPをブックマークしている一握りの奇特な方、
ミクシィへシフトするかも知れないので、メールを下さい。
自分の言いたい事ばかり言っている現状のHPより、
少しでも他人と接触のはかれるミクシィの方が良い様に思えてきました。



昨日、脳ドックを受けに札幌に行く途中、
毎年恒例の『ニッセンの飛行船』を見ました。
あぁ、今年も来たんだなぁと思っていたら、
塾長は明日、この飛行船のクルーを札幌で接待をするとか。
僕もいつかは乗ってみたい飛行船。




6/13

緊張性頭痛と、不眠症、引きこもり・・・

自己診断ですが、鬱病でしょうかね?
イヤだなぁ・・
いったん離職して、東京に戻ろうかなぁ。
でも、梅雨時の東京、うっとうしそうだなぁ・・・
夏も暑そうだしなぁ。

一人で鬱々とそんな事を考えています。



6/12

頭が痛いです・・・
イヤ、別に悩み事じゃなくて、肉体的に痛いんです。
痛み止めも効きません。

頭が痛いと、本を読んでも集中できないし、
テレビや音楽聞いてもうるさいだけ。
当然、外出もしたくない。

今日も休みなのに、
只もう、家でゴロゴロしながら、
本を2ページ読んでは放り投げ、
テレビを10分見てはスイッチを消して・・・といった有様。

職員旅行で団体行動したので、
何とか生活のリズムを取り戻せるか、とも思ったのに、
全然だめだ。

せっかく、外は快晴なのに、部屋でゴロゴロなんて、
本当に休みの無駄遣いです。





6/10

何だかんだで、1週間の更新さぼり。
宿直もあったりして・・・(言い訳)



この本は、自分で買った物では無く、
塾長にお願いして、借りた漫画です。
著者本人もクライマーらしく、結構話題になっているらしいです。

話題になるだけ有って、良い作品です。
山で遭難したクライマーの救助に向かうのが骨子の、
ストーリー立てています。
が、本の中身は、遭難者が主人公によって助けられる話よりも、
『神々の山嶺』の様に、命尽きるまで志を全うして、
主人公がその屍を拾う話が殆ど。

僕の場合は、実生活でここ暫く、
人の生き死にの話題に直面している今、
この単行本に出てくる物語は、ちょっとヘヴィーに過ぎた感じがします。

自分でこの本を『貸して!』とお願いしておいてきながら、
読んで玉砕!の、この結果は、
はっきり言って、馬鹿の『自作自演自爆テロ』ですね。(笑)





6/3

無事に、菅井さんを『自由落下の刑』に処す事に成功しました。
本来は、僕も立ち会わなければ無ければならないのに、
諸般の事情で、不義理をしてしまいました。
大変申し訳ありませんでした。
コマンドーさん以下、沢山の方の協力に感謝しております。



過去の日記
北海道スカイダイビングクラブのBBS