SRXいぢり日記+α


2002.3.21 OIL交換

久しぶりにOILを交換。前回交換したのは・・・去年の6月・・・。まったくサボるにも程があるってぐらい交換してませんっ。知人のVFR400も交換時期という事で2台並べて同時に交換する事に。お互いに交換量が中途ハンパなので、同じOILを買えば無駄が無くサイフにも優しい♪バイク屋でOILとエレメントを購入、知人宅の駐車場で交換開始。
右のトリコロールVFRが知人のバイク
初代PROARMの奴でぢつわSRXをほぼ同い年ぐらい。
新しく見えて意外と高齢(笑)
SRXはドライサンプ方式のOIL給送を採用してるので、ドレンボルトがクランケース下とキャブ下のOILタンクの2箇所にある。OILタンク側はダンボールとかでOIL流しを作ってやらないとフレームとかクランクケースがOILまみれになり、さらに完全に抜こうと長時間放置するとOILポンプにエア噛みして面倒な事になったりする。なので普通のバイクに比べるとちょっとだけ注意が必要。ま、大した事じゃありませんが。とかいいながらVFRがカウルを外してる間にOIL抜き&エレメントの交換まで終了。エンジン剥き出しは簡単だ(笑) そしてOILタンクにまず2Lほど入れて、エレメントケース上のチェックボルトを外し、そこからOILが溢れるまでひたすら空キック。溢れてこないときはエア噛みしたって事なので絶対エンジンかけちゃいけません。一発で焼きつきます。汗かきかき数十回キックしてやっとOILが回ってきたのでエンジン始動。ちょっと回してエンジン停止。2分ほど放置してOILタンクのレベルをチェック(停止直後にチェックするとOILが落ちてないのですごく少なく見える。これも要注意)。アッパーより少し下ぐらいまで補充してOIL交換終了。ふぅ。慣れててもやっぱ少し面倒だなぁSRXのOIL交換は・・・・。

で、OIL交換したらヘッド回りのノイズが激減して、さらにエンジンの吹けがかなり軽やかになりましたとさ。やっぱ空冷ビッグシングルはマメなOIL交換が好調維持の秘訣っすねぇ。

2002.3.10 キャブいぢり

ガソリン滲みを修理。フロートチャンバーとボディの隙間から滲んでるようなので、そこに挟まってるゴムパッキンを交換。とタンクを外して、キャブ側のスロットケーブルを外して、、、うーんケーブルなかなか外れない。そこで困った時のサービスマニュアル!引っ張り出して読み返すと「、、、次にスロットルケーブルを外します。」・・・使えん・・・。30分ほど悩んで、結局キャブ側のリンケージごと外しちゃいました。誰か正しいスロットルケーブルの外し方、教えて下さい。
外れたキャブからガソリンを抜いてフロートチャンバーを開けてみると思ったより綺麗な状態。古いキャブはココがドロだらけだったりすのだが。ちょっと安心。軽くクリーナーで洗って古いパッキンを取り外す。すっかりカチカチに硬化&ひび割れしてる。熱にヤられたのね。新しいパッキンに交換して組み立て。せっかくバラしたんだから他の場所も軽くオーバーホールしたい気持ちもあるが、特に不調があるわけじゃ無いのでこのままにしておく。触らぬ何とかにタタリ無し・・・
バラしたキャブ。
外観は汚いけど中身は割と綺麗だったぞ
古いパッキン。ゴムとは思えないほどカチカチ。
パッキンの役をなしてません。
キャブ、スロットルケーブル、タンクと元通りに取り付け、ガソリンコックをPRI(自然落下モード。ONやRESERVだとエンジンかけて負圧がかからないとガソリンが流れない)にして、フロート下のネジを緩めガソリンがチャンバーまで流れてる事を確認。ボディとの隙間からの滲みは止まったようだ。エンジンをかけてしばらく放置。エンジンを止めてまたしばらく放置。再度チェックしてもガソリン滲みはなし。すっかり治ったようだ。よしよし♪

ここで一服。ひと仕事終わった後のタバコはうまいっ!。さっ、工具を片付けよう・・・・とした時、取り付け忘れたとおぼしきパーツを発見・・・・やっちまったとほほほ。
なんじゃコリャ?
付け忘れた場所を探すと、リンケージとキャブ本体の間にあるカラーらしい。取り付けるにはもう一時キャブ本体を外さないとダメ。悩むこと10秒。面倒だし、とりあえず無くても問題なさそうだし(本当か?)次回キャブをばらした時に付ける事にしよう、、、、

2002.2.16 なりゆきでエアクリーナー交換

改めてガソリンの滲みをチェック。どうやら燃料コックでわなくキャブのフロートから滲んでる様子。俗に言う「オーバーフロー」状態か?キャブにアクセスするのにガソリンタンクを外す・・・と、タンク裏の燃料ホースが外れてガソリンを勢いよくこぼしてしまう(怖) このホースも硬貨して交換した方がよさげだなぁ。キャブ直付けのエアクリーナーを外す。うげぇ、コレもかなり汚い。とりあえず洗おう・・・とした瞬間、だいぶ昔に人から綺麗なエアクリ貰った事を思い出した。サイズが合うかは不明だが、とりあえずガラクタ箱あさって発掘。んー、ちょっと径が小さいか?でもゴムだしグリグリ広げれば・・・よっしゃ付いた!(笑) ちょっと強引だがバンドで縛っておけば外れる事はあるまい。
タンク外してキャブを外す・・・つもりが、、、 右が古いエアクリ。ガソリンでベトベトになってます
この時点でキャブを外す、という当初の目的をすっかり忘れ、タンクを戻して試走に行ってしまった大バカ者(苦笑) でもはっきり馬力が増えたのが判るぐらい効果テキメンでした。吸気音も大きくなって、「空気吸ってますっ!」って感じ。ついでに寄ったバイク屋で交換したのと同じエアクリみつけて値段を見たら1個\3000もしてました・・・ますますご機嫌♪
キャブからのガソリン滲みは、おそらくパッキンの交換が必要なのでまず部品だけ注文しておきましょう。ついでに硬貨したホース類も全とっかえかな?ついでのついでにリアハブのダンパーゴムも交換かな?ついでのついでのついでに・・・きりが無いのでやめとこうかな・・・

2002.1.27 暫定復活

で、バッテリーを買おうと思ったが、バッテリーレスキットが付いてる事を思い出して試してみる。外れてたリード線を繋ぎなおして鬼キック。でもかからん。ひょっとして壊れてる?と思って確かめたら、ぢつわガソリンが空だったははは。燃料コックから少し滲んだ跡があって、リザーブ分も含めてホントにすっからかんになってたみたい。バッテリー云々よりこっちの方が問題な気もするが、とりあえずSevenからガソリンを盗んで(ホースで抜くときかなり口に含んじゃった・・・ぐぇぇ)またまた鬼キック10回、なんとかエンジンかかってくれました。これでバッテリーを買いに走れるぞ(笑)
POSHのバッテリーレスユニットらしい 今年初始動
このままバッテリーレスでも構わないが、ライトが暗い、ウィンカー点灯のタイミングが一瞬遅れる、エンジンOFF状態でニュートラルランプが点かない、などなど弊害が多いのでやっぱりバッテリーは必要。たぶん前オーナーも同じ理由でバッテリーレスやめたんだと思うな。特にニュートラルランプが点いてないと、1速に入ってるの気づかずキック→バイクが動いて転倒 なんて自分の姿が目に浮かぶ(くわばらくわばら) 

とりあえず走れるようにはなったけど、やっぱりガソリン漏れなんとかしないと危ないよなぁ。あーまた面倒だぶつぶつ・・・。

2002.1.20 バッテリーご臨終

久しぶりにバイクでお出かけ♪と思ってキーをひねるが、ニュートラルランプが光らない・・・・あちゃ?バッテリー上がっちまったか?お出かけは中止とほほ・・・。ガレージへ押してバッテリーチェック。
このSRXは前オーナーの手でエアクリーナーボックスが外され、その場所にステーを自作してバッテリーが吊り下げられている。ってのは知ってたが、外すのは今回が初めて。で、下ろしたバッテリーをチェックしてみる・・・・あれ・・・・電解液・・・カラカラやん・・・そら電気も無くなるわ・・・ははは・・・。
ここまで干からびさせちゃうと液補充&再充電しても寿命は短い、いや復活しないに違いない。素直に新品交換したほうがよさげ。でも今は給料日前でサイフがからっぽ(涙) バッテリー買ってからで直します・・・。

いぢり日記2001

HOMEへ ->