銀河の歴史がまた1ページ(日記)

Last Update (2019/06/12 21:05:38)
1997.09.06から数えて counter 番目のアクセスです。

ミラーサイト [www.ceres.dti.ne.jp] [yk.rim.or.jp]

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

ページ内目次


■ 宇宙暦 2019.06.13

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90601.html#20190613

2019.06.13(木) windows 10 update 1903 アップデート成功

今回はメイン機、サブ機共にアップデートできた。

1903に上げた後は、1903用のパッチを適用するまでvagrantは起動しない方が良さそう。

1903アップデート直後にvagrantを起動すると、例のネットワークアダプターが見えなくなる現象が発生するが、パッチ適用後は普通に動作する。


■ 宇宙暦 2019.06.01

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90601.html#20190601

2019.06.01(土) vagrant up ベンチマーク

相当雑なコンディションで実験

メインマシン(Windows 10 Pro 1809, Mem 32GB, SSD+HDD)上で、FreeBSD仮想マシンとLinux CentOS仮想マシンをほぼ同時にvagrant upで構築開始して遊んでみた。

FreeBSD機側はvimとemacsをpkg installするハンデがつく。

Linux機側はDocker & Kubernetes1台様クラスタをインストールするハンデがつく。

結果はLinux機側が圧倒的に速く起動した;;

emacsおそるべし...つかウソやろ....

2019.06.01(土) vagrant virtualbox6 FreeBSD12 disk追加した zfs で謎のエラー

tag: freebsd, vagrant, virtualbox, zfs

タイトルが散文的で意味不明だと思うが...仮想マシン上でFreeBSD zfsを使おうとすると落ちるという話。

Vagrantfileの中で追加ディスクを付加する。1台目はufsで使う。2台目はzfsで使う。

Vagrantfile

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "freebsd/FreeBSD-12.0-RELEASE"
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", type: "rsync", rsync__exclude: [ ".git/" ]
  config.vm.boot_timeout = 600
  config.ssh.shell = "sh"

  # node5 : メインマシン
  config.vm.define "node5" do |machine|
    machine.vm.hostname="node5.area54.local"
    machine.vm.network "private_network", ip: "192.168.54.15", private_network: "intnet"

    machine.vm.provider "virtualbox" do |vb|
      vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "7500"]
      vb.customize ["modifyvm", :id, "--cpus", "3"]

      # add storage /dev/ada1
      file_to_disk = "../vagranthdd/59-freebsd120-ada1.vdi"
      unless File.exist?(file_to_disk)
        vb.customize ['createhd', '--filename', file_to_disk, '--size', 300 * 1024, '--format', 'VDI'] # 300GB
        # --discard
      end
      vb.customize ['storageattach', :id, '--storagectl', 'IDE Controller', '--port', 0, '--device', 1, '--type', 'hdd', '--medium', file_to_disk]

      # add storage /dev/ada2
      file_to_disk = "../vagranthdd/59-freebsd120-ada2.vmdk"
      unless File.exist?(file_to_disk)
        vb.customize ['createhd', '--filename', file_to_disk, '--size', 100 * 1024, '--format', 'VMDK'] # 100GB
      end
      vb.customize ['storageattach', :id, '--storagectl', 'IDE Controller', '--port', 1, '--device', 0, '--type', 'hdd', '--medium', file_to_disk]
    end

    # PROXY設定を環境変数PROXY_SERV_PORT,PROXY_USER,PROXY_PASSから読み込んでVM側に持ち込む
    # https://qiita.com/hakomikan/items/860bb960699889849933 Vagrantfile をコミットするために - Qiita
    machine.vm.provision "export env",
    type: "shell",
    run: "always",
    privileged: true,
    inline: <<-SHELL
        mkdir -p /etc/profile.d
        echo "# vagrant script for every boot" > /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_SERV_PORT=#{ENV['PROXY_SERV_PORT']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_USER=#{ENV['PROXY_USER']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_PASS=#{ENV['PROXY_PASS']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export PROXY_SKIP=#{ENV['PROXY_SKIP']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export http_proxy=#{ENV['http_proxy']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export https_proxy=#{ENV['https_proxy']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export no_proxy=#{ENV['no_proxy']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export FROM_ORESRV=#{ENV['FROM_ORESRV']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        echo export FROM_OREAWS=#{ENV['FROM_OREAWS']} >> /etc/profile.d/vagrant.sh
        chmod +x /etc/profile.d/vagrant.sh
    SHELL

    # shell provisioner
    machine.vm.provision "shell", path: "setupscripts.sh"

  end

end

setupscripts.sh

#!/bin/sh

set -e

f_log() {
    echo "■ $(date) $@"
}


f_log "bashインストール"
pkg install -y bash

f_log "ansibleインストール  ansible-playbook-2.7"
pkg install -y py27-ansible



# ufsでディスクをフォーマット
if true ; then
    if [ ! -d /newdisk ]; then
        f_log "fpart ada1 チェック"
        if gpart show ada1 | grep freebsd-ufs ; then
            f_log "gpart ada1 パーティション設定済み"
        else
            f_log "gpartディスク追加 ada1"
            # GPTを作成
            gpart create -s GPT ada1
            gpart show ada1
            # ada1のほぼ全部をfreebsd-ufsで確保する
            gpart add -t freebsd-ufs -a 1M ada1
            gpart show ada1
            # ファイルシステムを作る
            newfs -U /dev/ada1p1
        fi
        # マウントポイント作成
        mkdir /newdisk
        # fstabに追記
        echo "/dev/ada1p1    /newdisk    ufs    rw   2  2" >> /etc/fstab
        # マウント実行
        mount /newdisk
        df -h
    fi
fi

# zfsとして使用
if true ; then
    if [ ! -d /zpool/rsync ]; then
        # zfs 有効化
        echo 'zfs_enable="YES"' >> /etc/rc.conf
        service zfs start
        # zpoolで1台のディスク ada2 全体を使用する
        echo "zpool create zpool /dev/ada2"
        zpool create zpool /dev/ada2
        df -k
        zfs create zpool/vm
    fi
fi

f_log "ansible初期実行。ローカルホスト向け"
cd /vagrant
ansible-playbook-2.7 --inventory playbooks/inventories/develop   playbooks/single_role_initial_local_task.yaml

f_log "ansible実行。ローカルホスト向け。ユーザー追加。"
cd /vagrant
ansible-playbook-2.7 --inventory playbooks/inventories/develop   playbooks/single_role_add_user_george.yaml

f_log "apacheインストール"
cd /vagrant
ansible-playbook-2.7 --inventory playbooks/inventories/develop   playbooks/single_role_apache.yaml

f_log "utilsインストール"
cd /vagrant
ansible-playbook-2.7 --inventory playbooks/inventories/develop   playbooks/single_role_utils.yaml

f_log "セットアップ完了"
exit 0

仮想マシンが起動したら、vagrant sshでログイン。

# zfs作成。
zfs create /zpool/test
mkdir /zpool/test/hoge

でもって、zfsの上ででかい(600MB程度)ファイルのダウンロードを開始する。

[root@node5 /home/vagrant]# cd /zpool/test/hoge/
[root@node5 /zpool/test/hoge]#
[root@node5 /zpool/test/hoge]# fetch https://download.freebsd.org/ftp/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/12.0/FreeBSD-12.0-RELEASE-amd64-disc1.iso.xz
FreeBSD-12.0-RELEASE-amd64-disc1.iso.xz        55% of  595 MB 1286 kBps 01m24s

すると、以下のエラーが出てVMが止まる;;

jdiaryB90601_image.png 9,035bytes

うーん。VirtualBoxのディスクの自動拡張に失敗するのかな?

ちなみに、ufsの方で同じことをすると成功する。

[root@node5 /newdisk/hoge/test]#
[root@node5 /newdisk/hoge/test]# fetch https://download.freebsd.org/ftp/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/12.0/FreeBSD-12.0-RELEASE-amd64-disc1.iso.xz
FreeBSD-12.0-RELEASE-amd64-disc1.iso.xz                595 MB 2989 kBps 03m24s
[root@node5 /newdisk/hoge/test]#

不思議なこともあるものだ。


■ 宇宙暦 2019.05.29

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190529

2019.05.29(水) iPod touch 出たらしい

iPod系は買ったことないけど、このくらいのサイズ感、お手頃価格感のiPhoneが一番求められてる気がするw


■ 宇宙暦 2019.05.22

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190522

2019.05.22(水) ファーウェイ関連ネタ続き

ファーウェイ関連ネタ続き

上の動画で黒くて怖い渡邊哲也さんがアメリカの法律について恐ろしげな解説をしている。

だいたい去年の中頃から法律が整備されていた模様。

ファーウェイの話は急に出てきたわけではないんだな...。

p.s.

ウソか本当かは不明だけど、英BBCが入手した内部メモによれば、ARM社の内部でファーウェイと仕事するのは一時停止しろとかいう話があったとか。

マジならこれキツイわ。

この他、ファーウェイがPCI-SIGから除名になったとかいうツイートが流れてきている。

こいつぁひでぇや...。

p.p.s.

TSMCはファーウェイ向けの出荷を続けるとのこと。

これならファーウェイは中国向けの生産は問題無さそうね


■ 宇宙暦 2019.05.21

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190521

2019.05.21(火) GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か / Intel Qualcomm ファーウェイへの部品供給停止

GoogleがHuaweiのAndroid端末向けサービス停止を検討か / Intel Qualcomm ファーウェイへの部品供給停止

ファーウェイ(Huawei)(華為)のスマホの現行機種は大丈夫そうだけど、今後の新機種についてはGoogle Playナシになるらしい。

Google Playナシだと、通知使えないしGMailとか使えないしPlayストアも使えない模様。

現行機種はAndroid OSアップデートもう無理かも?

中国国内の人は最初からGoogleのPlayストアとかGMailとか排除してて関係ないらしいが、日本だとキツイ話。 アズレンできないじゃないか(ぉぃ)。

p.s.

どうやらアメリカさんガチでやる気っぽいな

p.p.s

現在のアメリカの動静を伝えているのが木村太郎とネトウヨ系のYouTubeチャンネル2個しか無いってのも困ったもんだ。

アメリカ通信はまだいいとしてチャンネル桜はちょっと飛ばしすぎだろ...。

あ。日経新聞はここ2週間くらいで雰囲気が変わってきたかも。


■ 宇宙暦 2019.05.17

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190517

2019.05.17(金) BSフジ プライムニュース 『激突“米中貿易戦争” 交渉決裂に中国の事情』

BSフジ プライムニュース 『激突“米中貿易戦争” 交渉決裂に中国の事情』

この番組、あまり朝生みたいに絶叫系にはならない(同じ方向性の人だけ呼んで話をさせる)のだけど、水曜日は割と対立してた。

これ、はたから見てても対立深いなーとか思ったり。

20年スパンで見れば、振り子が戻ることもあるだろう説はそうかもしれんと思ったけど、ここ数年の動きはかなりキツイことになりそうな気配


■ 宇宙暦 2019.05.16

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190516

2019.05.16(木) VirtualBox 6.0.8 出てた / virtualbox 再インストール後の vagrant up で(VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND) とか言われた場合には

tag: chocolatey, virtualbox

chocolatey upgrade all -y でアップデートやると、時々依存関係が壊れるっぽい。

インストールする順番は、virtualbox → vagrant を守ること。

おそらく vagrant のインストールスクリプトは、存在する virtualbox の full path を覚えてしまう。 virtualbox 6.0.6 から 6.0.8 にアップデートすると、インストール先のパス名が変わるので動かなくなるっぽい。

対策は、 chocolatey uninstall -y vagrant ; chocolatey uninstall -y virtualbox で一度消して、 chocolatey install -y virtualbox ; chocolatey install -y vagrant で再インストールすること。

virtualbox を再インストールすると、FreeBSDゲストOS起動時に VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND とかいうエラーが出るケースがある。 (なぜかCentOS7では出ないw)

エラーログの例は以下。

PS C:\home\git\vagrant\57-vagrant-freebsd12.0-diskadd-env> vagrant up
Bringing machine 'node3' up with 'virtualbox' provider...
==> node3: Checking if box 'freebsd/FreeBSD-12.0-RELEASE' version '2018.12.07' is up to date...
==> node3: Clearing any previously set forwarded ports...
==> node3: Fixed port collision for 22 => 2222. Now on port 2200.
==> node3: Clearing any previously set network interfaces...
==> node3: Preparing network interfaces based on configuration...
    node3: Adapter 1: nat
    node3: Adapter 2: hostonly
==> node3: Forwarding ports...
    node3: 22 (guest) => 2200 (host) (adapter 1)
==> node3: Running 'pre-boot' VM customizations...
==> node3: Booting VM...
There was an error while executing `VBoxManage`, a CLI used by Vagrant
for controlling VirtualBox. The command and stderr is shown below.

Command: ["startvm", "09989ce3-9f36-4919-af13-424a7219b13d", "--type", "headless"]

Stderr: VBoxManage.exe: error: Failed to open/create the internal network 'HostInterfaceNetworking-VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter #3' (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND).
VBoxManage.exe: error: Failed to attach the network LUN (VERR_INTNET_FLT_IF_NOT_FOUND)
VBoxManage.exe: error: Details: code E_FAIL (0x80004005), component ConsoleWrap, interface IConsole
PS C:\home\git\vagrant\57-vagrant-freebsd12.0-diskadd-env>

対策は、コントロールパネル→ネットワークと共有センター→アダプタのー設定の変更→エラーメッセージが出た「VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter #3」という名前のアダプタを一度無効にして、vagrant upすると、新しいネットワークアダプターを作成してくれて直る模様。


■ 宇宙暦 2019.05.14

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190514

2019.05.14(火) ダウ先物が凄いことになってる

ダウ平均先物、深夜には▼610ドルとか恐ろしげな数値を示している...

米中(貿易)戦争の第3ラウンド:関税25%ターンの影響かな

ちなみに、5ちゃんねるの噂によるとwww 中国に買われなくなったアメリカ産の牛肉とかが安く日本に流れ込んで 奇妙に安くなる商品もあるとか

これもうわかんねぇな...。


■ 宇宙暦 2019.05.06

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190506

2019.05.06(月) 連休の第10日目

さて、色々片付けねぇと!


■ 宇宙暦 2019.05.05

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB90501.html#20190505

2019.05.05(日) 連休の第九日目

うーん。なんつーか風邪ひいて動画見て終わった連休だったな;;

2019.05.05(日) 全マクロス

日付変わってしまったけど。

絶対にあり得ないゲストの呼び方しててNHKおそるべし。

飯島愛さんは、シンガーソングライターとしての自分のコンサートではリン・ミンメイじゃねーぞとか言う人wwwマクロス番組に呼ぶかwww

中島愛さんは、ランカ・リー役の後しばらくして自分には過ぎた役をもらってしまったとか言って一度引退してる人。

今回はゲストの豪華さで押し切った番組だったように見えた

以下深夜のYahooリアルタイム検索

jdiaryB90501_image.png 23,745bytes


old day diaries...


日記ファイルリスト最新100件


Copyright(c) 1996-2019 George(小濱 純). All rights reserved.
私の作成したページへのリンクはご自由にどうぞ。
このページに間違いや要望などがありましたら george@yk.rim.or.jp まで御連絡ください。
メール本文に 6020-5440-3372 と書いて頂くと、ウチのSPAMフィルタを通過できます(2009-06-14から2019-12-31まで)。

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

home: <george@yk.rim.or.jp> or <george@ceres.dti.ne.jp>
(I am using white list SPAM filter. To avoid it, please write 6020-5440-3372 in mail body. This key word is valid since 2009-06-14 until 2015-12-31.)