銀河の歴史がまた1ページ(日記)

Last Update (2017/09/21 01:05:00)
1997.09.06から数えて counter 番目のアクセスです。

ミラーサイト [www.ceres.dti.ne.jp] [yk.rim.or.jp]

[ホームページ] [日記] [読んでいる日記] [秋葉原価格] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

ページ内目次


■ 宇宙暦 2017.09.21

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70901.html#20170921

2017.09.21(木) iOS11が出たのでiPhone6s Plusと iPad Pro 10.5 2017 に入れてみた

iPhone6s PlusにiOS11入れても良いこと無いw 遅くなるだけw

iPad Pro 10.5 2017モデルに入れるとDock周辺の違いが大きい。 SplitViewも便利かな。ながらついったー用のようにも見えるが、ブラウザで調べ物してメモ帳に何かまとめる時にはいいかも。 (そうなるとPro 12.5が欲しくなる罠があるがw)

2017.09.21(木) 銀河英雄伝説の新版やるらしい

今回はホスト顔になっててワロタw

ちょっとガタイが良すぎるかもしれん。もうちょい華奢でいいのに。(前回は少女漫画系のキャラデザだったので)


■ 宇宙暦 2017.09.16

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70901.html#20170916

2017.09.16(土) ssh-keygen -t rsa で作った秘密鍵(id_rsa)をPEM形式に変換する

ssh-keygenで作られた秘密鍵(id_rsa)をTeraTerm Proで使えるPEM形式に変換する。


# opensslコマンドを使って、秘密鍵をPEM形式に変換する
# パスフレーズが指定されている場合は、パスフレーズ入力が必要
openssl rsa -in id_rsa -outform pem  -out id_rsa.pem

# 参考:PEMの内容を表示する
openssl rsa -in id_rsa.pem -inform PEM -text

docker-toolbox(Windows版)で作ったdefaultマシンの秘密鍵は~/.docker/machine/machines/default/id_rsaにあるので、 それを変換してTeraTerm Proから使えるようにPEMに変換する時に使える。

TeraTerm ProのMacroで自動接続スクリプト書くと、以下のような感じ。

; login-docker-default.ttl
connect '192.168.99.100  /ssh  /auth=publickey /user=docker /keyfile=C:\Users\george\.docker\machine\machines\default\id_rsa.pem'

余談だが、FreeBSD上でssh-keygenして作った ~/.ssh/id_rsaも同様に変換できる。

さらに余談だが、手作業でssh-keygenして秘密鍵・公開鍵のペアを作成して、 秘密鍵を使ってログインする場合は、 ~/.ssh/authorized_keysに、ssh-keygenでペアとして作成した公開鍵(id_rsa.pub)を追加登録しておくこと。

docker-machineとかvagrantとかminikubeとかAmazon EC2みたいなクラウドインスタンスを使っていると↑を忘れるw

2017.09.16(土) Pawoo ( Pixiv の mastodon サイト ) で中国ユーザー増えまくり

https://pawoo.net/ (Pixiv提供のMastodonサーバ)のローカルタイムラインがグローバル化したww

PixivのPawooはアメリカと接続してないし、絵師の避難先としては条件が良いのかも

政治的な話するトコでもないし、二次絵貼るトコだから言語あんま関係ない気がしないでもない

わざわざ日本のサーバ選んで避難してくる連中なのでFGOの絵とかSAOの絵貼っててちょっと面白いw


■ 宇宙暦 2017.09.10

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70901.html#20170910

2017.09.10(日) 英語のニュースがLiveで見れるところ。

英語のニュースがLiveで見れるところ。

今はハリケーンIRMAのLiveやってる。 フロリダ州に沿って進行中。なんと560万人に避難命令が出たとか。


■ 宇宙暦 2017.08.28

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70801.html#20170828

2017.08.28(月) ついったーでアカウント凍結祭り。pixiv運営のpawoo.netへ一時避難

ついったーでアカウント凍結祭り。pixiv運営のpawoo.netへ一時避難

狙ったアカウントを凍結させる方法は、ついったー上では決して書けない。 書くと、割と雑に凍結されるwww

以下あまりにも危険な話なのでHTMLコメント。

p.s. 以下はさらに過激な話なのでHTMLコメント。ついったーやFacebookには絶対に書けない。Googleに見つかってもマズい。


■ 宇宙暦 2017.08.21

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70801.html#20170821

2017.08.21(月) Google検索の品質が落ちている件

普通に「ググって」も有益な情報が得られない時代に

いやホントコレ。最近は酷い。

現在のGoogle検索は大量のノイズ(不要な検索結果)が混じってくることが問題という場合が多いためマイナス記号が活躍する場面は多い。

マイナス記号入れる要素が多すぎて、毎回指定するの面倒なんだよなぁ

なんとかならんもんか。

個人的なTipは、複数単語から構成されるエラーメッセージで検索するなら "ERROR エラーメッセージ" などと、"で囲んで検索するのが良いくらいか。


■ 宇宙暦 2017.08.05

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70801.html#20170805

2017.08.05(土) WinTab ( ASUS T90Chi 3775 ) で iPad Pro に スリープ電池マーク チャレンジ part5 エピローグ

WinTab機でスリープ省電力対策をまとめると以下。

  1. Bluetoothは使わない。この機種(ASUS T90Chi 3775)のBluetoothチップは省電力モードをサポートしていない。
    iPhoneおよびAndroid機のような常時通信している機器とのペアリング登録は解除する。
  2. Windowsのファイル共有機能は使わない。常時Wi-Fi通信してしまうためタブレット機が熟睡できない。OneDriveとか別のファイル共有方法を使うこと。
  3. Windowsのロック画面にしてからsleepさせること。タブレットモードのスタート画面の電池消費量は意外に大きい。
  4. 上の設定をしてあれば、スリープ前にアクションセンターから手動でBluetooth, Wi-Fiをオフにしなくても良い。結構いける。

Modern Stanby放置27時間で7%のバッテリー消費まで減少。 これなら3日放置も可能なタブレット機らしい使い方(つーのも変だが・・・スマホみたいに常時使うモンでもないし・・・)ができる。

iPhone側でモバイル接続のインターネット共有操作をして10秒ほど待つと、Modern Stanby中のWinTab機がiPhoneのWi-Fiを見つけて接続してくる様子はなかなか感慨深い。 いやさすがにModern Stanby中は近所のWi-Fiは探索してなかったか。

それにしても、iPad Pro 10.5型のハード、ソフト両面における省電力制御はすごいな。 WinTab機じゃ全然かなわん。

iPad Pro 10.5型はCPU処理能力もリフレッシュレートも凄い。 タブレット型ハードウェアの究極なんだろう。 何に使えばいいのかは未だによくわからんが(ぉぃ)。


■ 宇宙暦 2017.08.02

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70801.html#20170802

2017.08.02(水) vagrant-1.9.7でFreeBSD-11.1-RELEASE公式boxイメージを使うとNo base MAC address was specified.と言われてNAT裏にあるfreebsd仮想マシンに接続できない件の解決策

エラーメッセージからGoogle先生に聞いてみたところ、いくつかヒット。

どうやら、Vagrantfileに以下のように記述すると、うまく動作するらしい。

本当はfreebsdのboxイメージを作っている人がこの設定取り入れてくれるのが一番なのだが、はてさて。チクリ先がわからん。誰が公式box作ってるんだろ?


cat > Vagrantfile << "EOF"
Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.guest = :freebsd
  config.vm.synced_folder ".", "/vagrant", id: "vagrant-root", disabled: true
  config.vm.box = "freebsd/FreeBSD-11.1-RELEASE"
  config.ssh.shell = "sh"
  config.vm.base_mac = "080027D14C66"

  config.vm.provider :virtualbox do |vb|
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--memory", "1024"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--cpus", "1"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--hwvirtex", "on"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--audio", "none"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--nictype1", "virtio"]
    vb.customize ["modifyvm", :id, "--nictype2", "virtio"]
  end
end
EOF

vagrant up


■ 宇宙暦 2017.08.01

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70801.html#20170801

2017.08.01(火) Vagrant box版FreeBSD-11.1-RELEASE起動ならず

Hyper-Vをオフにして再起動。Oracle VirtualBoxをインストール後、FreeBSD-11.1-RELEASEを起動してみた。

何やらベースMACアドレスが設定されていないので、NATの裏側ではsshで接続できないよ、ということらしい。

george@KabyLakeS MINGW64 ~/vagrant/vagrant-freebsd-11.1 $ vagrant init freebsd/FreeBSD-11.1-RELEASE
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.
george@KabyLakeS MINGW64 ~/vagrant/vagrant-freebsd-11.1 $
george@KabyLakeS MINGW64 ~/vagrant/vagrant-freebsd-11.1 $ vagrant up
Bringing machine 'default' up with 'virtualbox' provider...
==> default: Importing base box 'freebsd/FreeBSD-11.1-RELEASE'...
No base MAC address was specified. This is required for the NAT networking
to work properly (and hence port forwarding, SSH, etc.). Specifying this
MAC address is typically up to the box and box maintainer. Please contact
the relevant person to solve this issue.
george@KabyLakeS MINGW64 ~/vagrant/vagrant-freebsd-11.1 $

centos/7 の vboxイメージは起動してvagrant sshで入れるので、FreeBSD-11.1-RELEASEのvboxイメージには何か設定が足りないと見える。

つか、centos/7はhyperv版boxイメージもあるのか。すごいな。


■ 宇宙暦 2017.07.30

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70701.html#20170730

2017.07.30(日) WinTab ( ASUS T90Chi 3775 ) で iPad Pro に スリープ電池マーク チャレンジ part4 最終回 ... 勝てなかったよ

Wi-Fiのネットワークをパブリックネットワークモードに設定した後。

やはり電池の減りが激しい。

今回は、隣に置いてあった georgeのiPhoneとのBluetooth通信が主な消費だったようだ。

jdiaryB70730.jpg 62,154bytes

モダンスタンバイのMSDN資料。

Win Tabとか作る人は上を読んでねーという話。

Win Tab機(ASUS T90Chi 3775)からイベントビューアーでエラーが出てないか見物してみた。

ログの名前:         System
ソース:           BthMini
日付:            2017/07/30 16:52:13
イベント ID:       34
タスクのカテゴリ:      なし
レベル:           警告
キーワード:         クラシック
ユーザー:          N/A
コンピューター:       t90chi3775
説明:
ローカル アダプターは、周辺モードをサポートするための重要な低エネルギー コントローラー状態をサポートしていません。サポートされている最低限必要な状態マスクは 0x491f7fffff ですが、0x1fffffff を取得しました。低エネルギー周辺ロール機能は無効になります。
イベント XML:
<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">
  <System>
    <Provider Name="BthMini" />
    <EventID Qualifiers="32773">34</EventID>
    <Level>3</Level>
    <Task>0</Task>
    <Keywords>0x80000000000000</Keywords>
    <TimeCreated SystemTime="2017-07-30T07:52:13.496675800Z" />
    <EventRecordID>11367</EventRecordID>
    <Channel>System</Channel>
    <Computer>t90chi3775</Computer>
    <Security />
  </System>
  <EventData>
    <Data>
    </Data>
    <Data>0x491f7fffff</Data>
    <Data>0x1fffffff</Data>
    <Binary>00000000030028000000000022000580000000000000000000000000000000000000000000000000</Binary>
  </EventData>
</Event>

ソースのBthMiniはWindows Bluetooth ドライバー (Bthmini.sys) 。 低エネルギー状態をサポートしていません、という無情な警告がwww

手元のT90ChiはWindows 8.1からWindows 10に無料アップグレードした機械なので、今のWindows 10がプリインストールされているASUS T90Chi 3775が同じとは思えないが、 とりあえず手元のマシンはModern Stanby中の Wi-Fi / Bluetooth 無線通信の低電力モードは非対応らしい。

WinTab機がiPad Proに完全に敗北した瞬間である。

で、一応の対処方法としては、スリープに入る前に、画面右からスワイプして出てくるアクションセンターにて手動でbluetoothとWi-Fiをオフにするしかない、という昔から手動でやってたことが正しかったという結果になった。 この状態では通知対応のモダンアプリを使っても通知の取得できないけどなー。

最新型のWinTab機なら何か対処が入っているんだろうか?

2017.07.30(日) Android / iPhone の Wi-Fi 経由でのデザリング設定

Android / iPhone の Wi-Fi 経由でのデザリング設定

ウチのWinTab機では、Bluetooth経由のデザリングをするためにiPhone相手にペアリングしてると、 お互いが近くにある場合はWinTab機のModern Stanby中にガンガン電池を食うw (目立たないけど、iPhone側の電池も1日20%くらいは食ってるはず)

WinTab機のペアリング相手がiPhoneだと非常にマズイ。 T90Chi付属のBluetoothキーボードやBluetoothイヤフォンみたいに、しばらく使わないとデバイス側からBluetooth接続を切ってくれることが無いのだ。 iPhoneは単機能デバイスではなく、どちらかと言えばBluetooth接続を待ち受けする側の機械なので、iPhone側からBluetooth接続を切るってのも考えにくい。

というわけで、Bluetooth経由のテザリングはあきらめてペアリングを解除し、Wi-Fi経由のデザリング設定にする時のためのメモ。

余談だが、Bluetooth経由のデザリングの場合、デザリング接続開始時にはWinTab側から開始操作をすれば、iPhone側は操作しなくて良い。 駅のホームなどで公衆Wi-Fiの電波が強くてiPhoneのWi-Fiが接続先として表示されないってこともない。 艦これやってる時は駅でつながらないと非常に厳しかったが、今はAndroid機もあるし、艦これやってないのでまぁ良いかな。

Wi-Fi経由のデザリングの場合は、iPhone側で設定画面を開いてWi-Fi接続待ちにしてからWinTab機のWi-Fi接続先を選ぶ操作を行う。 駅のホームとかでは接続先として表示されないこともあるので、あきらめが肝心だ。


■ 宇宙暦 2017.07.29

http://www.ceres.dti.ne.jp/~george/jdiaryB70701.html#20170729

2017.07.29(土) Windows 10 Pro Hyper-V のオンオフを行う

Windows 10 Pro Hyper-V のオンオフを行う

後者のGUIタイプが楽でいいかも。

2017.07.29(土) WinTab ( ASUS T90Chi 3775 ) で iPad Pro に スリープ電池マーク チャレンジ part3 ダメな例

今回はダメな例。

jdiaryB70728.jpg 57,282bytes

07/28の夜、自宅に戻ったあたりからModern Sleepのまま一気に電力消費が激しくなっていて、使おうと思ったら電池切れという状態になった。

BroadcomのSIOがTCP処理で寝る暇もなく活動している模様。Active時間なんと15時間wwそりゃ無理だ。

どうも、自宅のWindowsのファイル共有用のホストブラウズに見つかってしまったようだ。

そういえば、Windowsのファイル共有はクラウド時代より前の設計なので、相手はコンセントに接続されたデスクトップPCかノートPCが相手と想定されている。 用事もないのにガンガン通信している模様。

Windows Tablet機の場合、OneDrive(Google Driveでもいいけど)を前提に、Windowsのファイル共有とかを切っておかないとダメなようだ。

Wi-Fiに接続した状態で以下。

設定→ネットワークとインターネット→状態→接続プロパティの変更→このPCを検出可能にするのスイッチをOFFに。

奇妙な設定項目の名前だが、これでパブリックネットワーク(公衆Wi-Fiとか)に接続しているモードになる。 公衆Wi-Fiに接続中に、ユーザー個人の写真フォルダをWindowsファイル共有機能で全世界に公開しないようにするためのモード。

この設定でもうちょい様子を見てみよう。


old day diaries...


Copyright(c) 1996-2017 George(小濱 純). All rights reserved.
私の作成したページへのリンクはご自由にどうぞ。
このページに間違いや要望などがありましたら george@yk.rim.or.jp まで御連絡ください。
メール本文に 6020-5440-3372 と書いて頂くと、ウチのSPAMフィルタを通過できます(2009-06-14から2017-12-31まで)。

[ホームページ] [日記] [読んでいる日記] [秋葉原価格] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

home: <george@yk.rim.or.jp> or <george@ceres.dti.ne.jp>
(I am using white list SPAM filter. To avoid it, please write 6020-5440-3372 in mail body. This key word is valid since 2009-06-14 until 2015-12-31.)