トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・教育勅語に書かれていたコト、その1
「教育のコンゲン」とは?
 
 教育基本法の改正の際「教育基本法は教育勅語の反省のもとに作られたのに」「愛国心を教育の目的に盛り込むとはまるで教育勅語ではないか」といったように、さかんに「教育勅語」という言葉が登場しました。
 
 そうだね。戦前「教育勅語」というものが存在してたってことを初めて知ったよ。
 
 急に知名度が上がることになった教育勅語ですが、戦前の教育を受けた人でなければ、その内容を読んだことがあるという方は少ないと思います。
 そこで、どんなことが教育勅語に書かれていたのか、3回に分けて紹介したいと思います。
 
 どんなにトンデモナイことが書かれているのか楽しみだね。
 
 まず名称ですが、「教育勅語」というのは略称で、正式には「教育ニ関スル勅語(ヘ育ニ關スル勅語)」といいます。
 1890年10月30日、明治天皇により発布されました。
 
 そもそも「勅語」ってナニ?
 
 「勅語」とは、天皇の国民(臣民)に対する公務についての意思表示のことをいいます。
 
 つまり、「教育ニ関スル勅語」は、天皇が教育に関して思ったコトということね。
 
 この勅語を書面に写したものを「勅語書」といいます。「教育ニ関スル勅語」も勅語書の形をとっています。
 とりあえず、最初の一文を見てみましょう。
 
(原文)
  朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニコヲ樹ツルコト深厚ナリ
 いきなり、わけわかんないよ!
 「教育ニ関スル勅語」の原文は非常に難解です。この文は「ちんおもうに・わがこうそこうそう・くにをはじむること・こうえんに・とくをたつること・しんこうなり」と読みます。
 
 「ちん」って、エライ人が自分のことを言うときに使うコトバだよね。「ちんおもうに」だから「天皇である私はこう思う」っていうことね。独り言みたいだね。
 
 勅語は天皇の意思表示ですから、このような書き出しになります。
 訳文は以下のようになります。
 
(訳文)
  朕(天皇である私)が思うことは、私の祖先(=皇室の祖先)が国を始めたことは広く遠大なことで、(そこに)築かれた徳は深くて厚いものであったということです。
 天皇のご先祖が日本を作ったのね。そして、それは「徳」に満ちた国だったんだ。自画自賛っぽいね。
 
 続いて見てみましょう。原文と訳文を紹介します。
 
(原文)
  我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス
 
(訳文)
  我が臣民(=君主国における国民)は、忠(義)を守り、孝をおこない、国中のすべての者が心を一つにして代々の美をつくりあげてきましたが、これこそ我が国体(=国家固有の体制、天皇体制)の真価をなすものであり、教育の根源もまたここにあります。
 忠を守り孝をおこない、臣民がイチガンとなって代々美しいものをつくってきたのが教育のコンゲンというわけね。「中高一貫教育」ってこの「忠」「孝」からきたコトバだったりして。
 
 「教育ニ関スル勅語」は、このように教育とはなんであるのかを抽象的に述べた後、「爾(なんじ)臣民」という書き出しで「徳」とされる行為を具体的に列挙しています。
 次回はそれらを見ていくことにしましょう。  
※「教育ニ関スル勅語」の訳文は「変な法律」オリジナルのものです。引用等をされる場合は"dumblaw@hotmail.com"までご一報いただければ幸いです。