トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・登校は義務ではない「義務教育」
登校拒否をするのは自由
 
 ここでは「義務教育」の意味について考えてみたいと思います。「義務教育」の「義務」はどのような意味なのかご存知ですか?
 
 そりゃ、学校に行かなきゃいけないという意味での「義務」じゃない?
 
 多くの人が、そのように理解していると思います。しかし、それは誤った理解です。
 「義務教育」の制度は、憲法第26条を受けて、教育基本法第4条第1項に規定されています。
 
第4条 (義務教育)
  第1項
  国民は、その保護する子女に、9年の普通教育を受けさせる義務を負う。
 「義務教育」の「義務」は、国民が自分の子供に9年の普通教育を受けさせる義務をいいます。
 
 親が子供に教育を受けさせる義務を言うんだ。絶対に学校に行かなきゃいけないという意味ではないのね。
 
 そういうことになります。子供の側から見ると、教育を受けるのは「義務」ではなく「権利」です。そして「権利」は自由に放棄することができます。
 
 登校拒否をするのは、子供の自由なんだね。
 
 最近、小中学生のイジメを原因とした自殺が相次いでいます。このような悲劇を回避するためにも、「登校拒否は自由にできる」ということを知識として広める必要があると思います。