トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・生物学的には親子だけど、法律的には?
技術の進歩に追いついてない法律
 
 最近のバイオテクノロジーの進歩には目を見張るものがあります。
 
 ついこの間も、クローン人間について騒がれていたね。
 
 バイオテクノロジーの進歩が生み出したといえる裁判がありました。
 裁判では、40歳代の女性が、夫の死後凍結保存していた夫の精子を使い体外受精で産んだ男児について、死亡した夫の子として認知するよう国に求めていました。
 この認知請求に対して、最高裁判所は以下のように判断しました。
 

平成18年9月4日 最高裁判決
 
 「現在の民法は死後生殖を想定しておらず、親子関係を認めるか否か、認めるとした場合の要件や効果を定める立法がない以上、法律上の親子関係は認められない」と判断した。

 「法律上の親子関係は認められない」として請求は棄却されてしまいました。
 
 えーなんで。生物学的には親子なんでしょう?
 
 生物学的には親子だけど、法律的には親子ではないという判断です。
 民法は親の死後も認知を求める訴えを起こせると規定していますが、それは親が生きている間の妊娠が前提となっています。
 この点、女性が妊娠をしたのは夫の死後だったので、認知を求める訴えの前提を欠いています。
 
 親が生きている間の妊娠が前提だなんて、そんな法律は時代遅れなんじゃない?
 
 そのとおりです。最高裁判所も判決の中で「親子関係を認めるか否か、認めるとした場合の要件や効果を定める立法によって解決されるべき問題」として法律の整備が必要としています。
 
 技術の進歩に法律が追いついていないのね。
 
 国会は早く法律を整備しないと、近い将来「クローン人間の相続」の問題なんかが起こるかもしれません。