トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・許される賭博
「一時の娯楽に供する物」とは?
 
 日本では、競馬や競輪など法律で許されている場合を除き、賭博を原則として禁止しています。
 
 知っているよ。だから、マージャンでお金を賭けるのも本当はイケナイんだよね。
 
 そうです。賭博をすると刑法で罰せられます。しかし、刑法は例外規定を設けています。
 
第185条 (賭博)
  賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
 「一時の娯楽に供する物」を賭けたときは例外的に罪にならないんだ。でも「一時の娯楽に供する物」って何?
 
 判例では「一時の娯楽に供する物」を「関係者が即時娯楽のため消費するようなもの」と定義しています。つまり、その場で消費してしまうものいいます。
 
 その場で消費してしまうものということは、食べ物なんかが「一時の娯楽に供する物」にあたるの?
 
 そうです。判例では「天丼」を賭けた場合や「タバコ」を賭けた場合、いずれも「一時の娯楽に供する物」にあたり賭博罪は成立しないとしています。
 だから、お金を賭けた場合は金額にかかわらず「一時の娯楽に供する物」にあたらず、賭博罪は成立します。しかし、飲食代を支払う目的でお金を賭けた場合、例外的に賭博罪は成立しないと解釈されています。
 
 飲食代を支払う目的ならお金を賭けてもいいんだ。じゃあ、お昼の食事代を賭けてトランプで勝負だ!
 
 よけいなコト言うんじゃなかった。