トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
ダムはいらない!
「徳島県木頭村、木頭村ダム建設阻止条例」 平成4年12月19日 
 
 「ダム建設阻止条例」ってすごいタイトルだね。
 
 国や徳島県が進める「細川内ダム」の建設を阻止することを目的とした条例です。上位組織の公共事業に抵抗することを目的とした、非常に珍しい条例です。
 前文に「木頭村ダム建設阻止条例」を制定するに至った理由が述べられています。少し長いのですが分かりやすい内容なので、引用してみましょう。
 
前文
  国や徳島県は木頭村に細川ダムという巨大なダムを建設しようとしている。しかし村はこの計画が明るみに出て以来、今日まで20年以上の間その建設に反対してきた。それはダムの建設が、美しい那賀川の清流とその源である豊かで広大な森林を失わせるだけでなく、ダムの堆砂等により水害の危険を増大させ、村民の安全で快適な生活をおびやかすからである。またダムはごく近い将来、堆砂等によりその役目を果たすことができなくなり、それはもはやコンクリートの塊としての廃棄物そのものとなる。そしてなによりも、ダムの建設が、これまで自然と共に暮らしてきたわれわれ村民の生き方を変え、それが過疎化を進行させて村を衰退させることは、わが国での多くの実例がはっきりと示しているとおりである。
 
  村に巨大ダムはいらない。村は、将来の村民のためにも、これからも美しい森と清流と共に生きていくことを自治権の主体として選択する。ここに村は、ダムなしで村の持続的発展を図ることがわれわれ最善の途であることを宣言し、ダム建設阻止のための方策をすすめるため、本条例を制定する。
 「ダムはいらない!」っていう熱い思いが伝わってくるね。
 それで細川内ダムの建設はどうなったの?
 
 条例が制定された6年後の平成10年、当時の建設省は細川内ダムの建設中止を正式に決定しました。
   
 条例の目的は達成されたんだね。
 
 この条例を制定した木頭村は「村を挙げてダム建設を阻止した村」として語り続けられています。