トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・もったいぶった法律用語
「前払式証票」ってナニ?
 
 ここで、クイズです!
 
 何よ、イキナリ。
 
 日常生活でよく使う「ある物」を法律では「前払式証票」と言うのですが、その「ある物」とはなんでしょう?
 
 えー、分かんないよ。
 
 ヒントは「前払式証票の規制等に関する法律」の第2条第1項です。
 
第2条 (定義)
  第1項
  この法律において「前払式証票」とは、次に掲げる証票その他の物(乗車券、入場券その他の政令で定めるもの及びその発行の日から政令で定める一定の期間内に限り使用できるものを除く。)をいう。
  第1号
  証票その他の物(以下この項において「証票等」という。)に記載され又は電磁的方法(電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によって認識することができない方法をいう。以下この項において同じ。)により記録されている金額(金額を度その他の単位により換算して表示していると認められる場合の当該単位数を含む。以下この号及び第三項において同じ。)に応ずる対価を得て発行される証票等(電磁的方法により証票等に記録される金額に応ずる対価を得て当該金額の記録の加算が行われるものを含む。)であって、当該証票等の発行者又は当該発行者が指定する者(次号において「発行者等」という。)から物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、これらの代価の弁済のために提示、交付その他の方法により使用することができるもの
 
  第2号
  証票等に記載され又は電磁的方法により記録されている物品又は役務の数量に応ずる対価を得て発行される証票等(電磁的方法により証票等に記録される物品又は役務の数量に応ずる対価を得て当該数量の記録の加算が行われるものを含む。)であって、発行者等に対して、提示、交付その他の方法により、当該物品の給付又は当該役務の提供を請求することができるもの
 うわっ、長い定義だね。ええと、第1号が「記録されている金額・・・に応ずる対価を」ってことは、お金に関係があるね。「指定する者から物品を購入し」か、やっぱりお金みたいなものね。第2号が「発行者等に対して、提示、交付その他の方法により、当該物品の給付又は当該役務の提供を請求する」か・・・。
 あっ、分かった!
   
 答えは?
 
 ここまで出かかっているんだけど・・・。カードだけど、だんだん金額が減っていくヤツ。プリペイドカード!
 
 正解です。いわゆるプリペイドカード、商品券などを総称して「前払式証票」といいます。
 
 何で「商品券等」とか、分かりやすいコトバにしないんだろうね?
 
 法律は、もったいぶった言い方が好きですから。
 
 ところで、クイズに正解したご褒美は?
 
 うっ・・・。
 
 ご褒美は「前払式商標」でいいよ。