トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・法律考古学
日本で一番古い法律を探そう
 
 ここでは、日本で一番古い法律を探してみることにしましょう。
 ただ、単に「一番古い法律」ということになると「大宝律令」とかの話になってしまいますから、「現在でも効力のある一番古い法律」を探してみることにしましょう。
 
 「変な法律」でやった「爆発物取締罰則」は古かったね。
 
 「爆発物取締罰則」は明治17年制定でした。罰則を持つ法律としては最古の法律です。
 
 もっと古い法律があるの?
 
 以下の太政官(だいじょうかん)布告が、最も古くて効力ある法令とされています。
 
改暦ノ布告 明治5年11月9日
(条文省略) 
 古いね、明治5年!でも「太政官布告」って何?
 
 明治の初期にあった「太政官」という組織が公布した法令のことを言います。
現在も11の「太政官」の交付した法令が効力あると解釈されています。「爆発物取締罰則」もその中の一つです。
 
 「改暦ノ布告」って、どんな法律なの?
 
 太陽太陰暦から太陽暦に変更するため明治5年12月3日を明治6年1月1日にすることや、24時間制の導入などが規定されています。
 ちなみに、二番目に古いのは以下の太政官布告です。
 
絞罪器械図式 明治6年2月20日
(条文省略)
 「絞罪器械図式」って何の図?
 
 死刑執行に使う機械を図解した法律です。これは、最高裁判所の判決で法律として効力があると認定されました。
 
 コワイ法律だね。しかし、死刑の方法ってこんな古い法律で決められていたんだ。
 
 まとめると、解釈上一番古い法律は「改暦ノ布告」で、最高裁判所のお墨付きで一番古い法律は「絞罪器械図式」ということですね。
 「絞罪器械図式」には死刑台の図とかが載っているのですが、出しましょうか?
 
 出さなくていいっ!コワイから!