トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・究極の言葉遊び?
自衛隊と憲法第9条、後半
 
 つづき、つづき。
 
 では、憲法第9条第2項の解釈を見てみましょう。まずは条文。
 
第9条
 第2項
  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 第2項では「『前項の目的』という文言の内容」という点と「『交戦権』の意味」という点が問題になります。
  まず「前項の目的」の問題から見てみましょう。
 
 また解釈が分かれるの?
 
 そうです。ここでは、大きく分けてA説「『前項の目的』は第1項の精神等を受けている→一切の戦力の保持はダメ」という解釈と、B説「『前項の目的』は『国際紛争を解決する手段としては』を受けている→自衛のための戦力保持はOK」という解釈とに分かれます。
 
 「交戦権」については?
 「交戦権」の解釈については、a説「国家が戦争を行う権利」という解釈と、b説「船舶の臨検やだ捕といった国際法上国家が交戦権として認められている各種の権利」という解釈とに分かれます。
 
 あーなんだか、ややこしくなってきた。
 
 それじゃあ、ちょっとまとめてみましょう。
 
■第1項「国際紛争を解決する手段」の解釈
 @説:すべて戦争は「国際紛争を解決する手段」として行われる→自衛戦争もダメ
 A説:「国際紛争を解決する手段」とは侵略戦争を意味する→自衛戦争はハイジョされていない
  
  

 A−1説:第2項で「戦力の不保持」と「交戦権」の否認が規定されている→結局自衛戦争もダメ
 A−2説:第2項は自衛のための戦力保持を禁止していない→自衛戦争はOK
 
第2項「前項の目的」の解釈
 A説:「前項の目的」は第1項の精神等を受けている→一切の戦力の保持はダメ
 B説:「前項の目的」は「国際紛争を解決する手段としては」を受けている→自衛のための戦力保持はOK
 
■第2項「交戦権」の解釈
 a説:国家が戦争を行う権利
 b説:船舶の臨検やだ捕といった国際法上国家が交戦権として認められている各種の権利
 国家を他国からの違法な侵害から自国を防衛する「自衛権」があることはほぼ争いがないところです。
  しかし、「自衛戦争」を合憲とするには、A−2説→B説→b説という解釈をとらなければならずこれは少数説です。
 
 だから、第9条改正論議がおこるんだね。しかし、第9条がこんなにややこしいなんて、クジョウを言いたくなるね。
 
 チャンチャン。