トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・「ペコちゃん」ドロボウに判決
和歌山地方裁判所判決、平成22年5月13日
 
 他人の物を盗んだ場合、刑法という法律で規定されている「窃盗罪」を構成することになりますが、変わった物を盗んだ男が刑事裁判の被告人とされました。
 
 何を盗んだの?
 
 不二家の看板キャラクターの「ペコちゃん」を、10体を盗んだとのことです。
 
 ええっ、ケーキ屋さんの店先にある女の子のお人形だよね。
 そんなの盗んでどうしたの?

 
 盗んだ「ペコちゃん」は売却し、覚醒剤などの購入資金にしていたとのことです。ちなみに、被害額は10体で約59万円だそうです。
 
 1体で6万円くらいするんだ。
 で、裁判はどうなったの?
 
 和歌山地方裁判所は、以下のような判決を下しました。
 
和歌山地方裁判所判決、平成22年5月13日
 
 和歌山地方裁判所は、「マスコット人形を盗まれた店の処罰感情は厳しく、社会に与えた影響は大きい」などとして、覚せい剤取締法違反の罪と併せ、被告人に対し懲役5年を言い渡した。
 ちなみに、検察官の求刑は懲役6年でした。
 求刑の中で、検察官は「人形は国民的アイドルで社会に与えた影響は大きい」と述べたとのことです。
 
 ペコちゃんは「国民的アイドル」だったんだ。
 じゃあ、誘拐罪になんなかった被告人はラッキーだったね。