トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・「入ってもいいけど静かにしろ」な判決
名古屋地方裁判所判決、平成22年1月28日
 
 
 スポーツには応援団がつきものですが、あるプロ野球の私設応援団は、球団より、「鳴り物応援」と一部のメンバーに対する球場への入場がそれぞれ禁止されました。
 
 「ナリモノ応援」って?
 
 ラッパなどの道具を使用して応援をすることをいいます。
 
 つまり、静かに応援しろってことね。応援団の活動がずいぶんセイヤクされちゃったんだ。
 入場も禁止だなんてヒドイね。
 
 そこで、私設応援団らは、球団側の禁止措置の解除などを求めて裁判所に提訴しました。
 
 ちゃんと応援させろってコトね。
 
 これに対して、名古屋地方裁判所は以下のように判決を下しました。
 
名古屋地方裁判所判決、平成22年1月28日
 
 名古屋地方裁判所は、「鳴り物応援」の禁止については、「応援の方法によっては、球場の秩序を乱すことがあり得るため、許可するかどうかは主催者が自由に決定できる」とした上で「裁量権の範囲内」とした。また、入場の禁止については、「裁量権を逸脱するもの」であり無効とした上で、入場禁止の対象となった約20人に対し、1人当たり1万1000円の損害賠償を命ずる判決を言い渡した。
 裁判所は、「鳴り物応援」の禁止は認められるが、球場への入場の禁止は認められないとしました。
  
 つまり、入場の禁止は、行き過ぎだからダメってコトね。
 でも、「球場に入ってもいいけど、静かにしていろ」っていう判決は、応援団からするとシャクゼンとしなかっただろうね。