トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・ヤミ金には元本も返還する必要無し!
最高裁判所判決、平成20年6月10日
 
 かつて、年利数千パーセントといった違法な金利で貸し出す「ヤミ金」が社会問題となったことがあります。
 
 10万円借りただけなのに、何百万円も脅迫めいた請求がされる事件とかがよくあったよね。
 
 このヤミ金業者に対する返済に関する判決が、最高裁判所で下されました。
 
最高裁判所判決、平成20年6月10日
 
 裁判所は「ヤミ金融業者が借主に対し、著しく高利(年利数百%〜数千%)で貸し付けた場合、ヤミ金融業者は元本の返還を請求することができない」として、被害者である借主は元本部分も返還する義務が無いとした。
 元本部分の10万円も返済をしなくてもいいんだ。
 何百万円の返還義務は無いっていうのは分かるけど、10万円についても返還義務が無いってすごいね。
  
 最高裁判所は、ヤミ金業者から被害者に交付した金銭は、民法で規定する「不法原因給付」にあたるとしました。
 
 ナニそれ?
 
 民法708条には、以下のような規定があります。
 
「民法」  明治29年4月27日
 
第708条(不法原因給付)
 不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。
 例えば、覚醒剤の購入代金を密売人に渡したとき、この密売人から覚醒剤を入手できなかったとしても、民法の規定により購入代金の法的な返還請求はできないことになります。
 
 ヤバイことが原因の請求はできないんだね。
 
 最高裁判所は、ヤミ金業者と被害者との間の金銭の授受は不法な原因に基づくものであるから、元本の返還請求はできないとしました。
 
 判決から、最高裁判所のお怒りが伝わってくるね。