トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・市議会の決議で名誉を傷つけられた!
東京地方裁判所判決、平成20年2月29日
 
 国会や地方議会で法律案などを可決するときに、「付帯決議」を採択することがあります。
 
 「フタイケツギ」って?
 
 決議についての審理をした委員会の意見や希望を表明する文言をいいます。一般的に、付帯決議には法的拘束力は無いとされています。
 東京都の東村山市市議会が採択をした付帯決議の内容が、争われた裁判がありました。
 
 それは、どんな内容の「フタイケツギ」だったの?
 
 東村山市市議会は、予算を可決する際に「市は保育園に設備の改善などを強く指導し、改善がない場合は、都に認可の再考を働き掛けること」などとした付帯決議を採択しました。
 
 つまり、「保育園の環境が悪いから改善しなきゃ」っていう内容だったんだね。
 
 都知事から認可を受け運営をしている保育園の園長が、東村山市に対し、この付帯決議により名誉を傷つけられたとして損害賠償などを求めて裁判所に提訴をしました。
 
 すごいね、市議会が自分の保育園のメイヨを傷つけたって訴えたんだ。
 
 これに対して、東京地方裁判所は以下のように判決を下しました。
 
東京地方裁判所、平成20年2月29日
 
  裁判所は「ほかの保育園と比べ劣った環境ではなく、決議は真実ではない。そして、決議が載った広報紙が全戸に配布され、原告の社会的評価は低下した」と認定し、東村山市に対し損害賠償として300万円の支払いを命ずる判決を下した。
  また、市議会に対し「通常は考え難い程に執拗(しつよう)で、民主主義を支えるべき公正な議論の場としては考えられない強い感情的確執・嫌悪感に基づいている」と批判した。
 うわあ、市議会は裁判所から大目玉をくらったんだね。
  
 具体的な事情は分かりませんが、この付帯決議が採択された背景には、保育園と市議会との間の大きな確執があるようです。
 
 いくらケンカをしていても、その内容を決議に盛り込んじゃイケナイってコトだね。