トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・万馬券とり損ねた!
馬券購入自動販売機との契約成立時
 
 これは、どんな事件だったの?
 
 男性が馬券を購入しようとしたところ、自動販売機が故障したため馬券が購入できなくなりました。購入したようとした「4−13」の馬券が万馬券となったため、男性は日本中央競馬会(JRA)に対して契約不履行の損害賠償等を求める訴えを提起しました。
 
 そこで、馬券購入の自動販売機との契約がいつ成立したかが問題となったわけね。
 
 そうです。大阪地裁は以下のように判決しました。
 
平成15年7月31日、大阪地裁判決
 
 大阪地裁は、「販売機の画面上に『計算機に接続しています』との表示が現れた段階で購入契約成立し、紙幣投入と同時に販売機が異常エラーを生じており、表示は現れていなかったと推認される」として、故障した時点では購入契約は成立していなかったと判断した。
 男性の「現金と投票カードを投入した時点で購入契約は成立していた」という主張は認められませんでした。
  
 ところで「4−13」は、いくらの配当になったの?
  
 「4−13」は、17万1500円の高配当だったそうです。
 
 17万1500円!すごい配当だね。裁判を起こしたくなる気持ちが分かるね。
 
 男性は控訴する意向のようです。控訴審での判断が注目されます。