トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・「茶の湯で世界平和」な法律
 「(大阪府)堺市平和と人権を尊重するまちづくり条例」 平成19年1月1日
 
 日本の伝統文化の一つに「茶の湯」がありますが、この茶の湯の精神は、人と人が互いに尊敬しあい謹(つつし)みあうという「和敬清寂(わけいせいじゃく)」にあるとされています。
 
 美しい精神だね。
 その「茶の湯」と関係のある法律があるの?
 
 大阪府堺市には、茶の湯の精神を取り入れた条例があります。
 以下に前文の一部を引用します。
 
(前文)
 わがまち堺に暮らす人々は、古代から国内外との交流を積極的に進め、創造性と自立の精神をはぐくみ、わが国有数の自治都市を築いてきた。また、茶の湯を通じて世界に誇る平和を尊ぶ文化を創造し、過去幾度もの戦禍に遭いながらも復興を成し遂げてきた。(後略)
 ここで注目していただきたいのは、5行目の「また、」以降の部分です。
 
 すごいね、堺市は「茶の湯」で平和を尊ぶ文化を作ってきたんだ。
 でも、茶の湯と平和ってどうつながるの?
 
 茶の湯の精神である「和敬清寂」の「和」とは、「心を開いて仲良くすること」を意味しています。
 
 なるほど。
 確かに、お茶の香りは人の心を平和にするよね。
 
 いわゆる「平和条例」を制定している自治体は数多くありますが、地元ゆかりの「茶の湯」から世界平和という発想には驚かされました。