トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・ビンボーな家建てんじゃねーよ、な条例
「(兵庫県)芦屋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」 平成14年9月27日 
 
 兵庫県芦屋市といえば、一般に高級住宅地というイメージがあります。
 
 東京の田園調布みたいだね。
 
 「芦屋市地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例」には、このようなイメージを反映させたと思える規定があります。
 条例には、以下の規定があります。
 
第7条 (建築物の敷地面積の最低限度)
 第1項
 建築物の敷地面積は,別表第2ア項の計画地区の区分に応じ、それぞれ同表オ項に掲げる面積以上でなければならない。(後略)
 この規定により、特定地域の建物の敷地面積は別表の「オ項」の面積以上であることが必要となります。
 
 へー、建物の広さが条例で決まっているんだ。
 
 そして、別表には以下の規定があります。
 
 
※芦屋市例規集よりキャプチャ(2010年9月18日)
 http://www.city.ashiya.lg.jp/~reiki_int/
reiki_honbun/an70008901.html
 まず、この表の「イ項」の「建築をしてはならない建築物」を見ると、六麓荘(ろくろくそう)町では「一戸建ての住宅」しか建築ができないことが分かります。
 
 そうだね。
 で、表の「オ項」に敷地面積の規定があるんだよね・・・えっ「400平方メートル」?
 つまり、この地域では400平方メートル以上の一戸建ての住宅しか建てられないんだ。
 
 不動産の広告には「敷地面積150平米の広々とした一戸建て」といった文句があるくらいですから、400平方メートル以上の一戸建て住宅というのは相当に広いです。
 ですので、この条例は「豪邸条例」とも呼ばれています。

 
 「ビンボーな家建てんじゃねーよ、空気読めよ」っていう声が聞こえてきそうな条例だね。