トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・全裸で傍聴する人
「(茨城県)石岡市議会傍聴規則」 平成17年10月11日 
 
 「地方自治法」という法律は、都道府県や市町村の会議は原則として公開をしなければならないと規定しています。
 
 会議は自由に見学していいよってコトね。
 
 会議を見学をすることを「傍聴」といいます。
 この「石岡市議会傍聴規則」には、会議の傍聴に関するルールが規定されています。
 
第10条
  次に該当する者は、傍聴席に入ることができない。
第1項
  第1号
  銃器その他危険なものを持っている者
  第2号
  酒気を帯びていると認められる者
  第3号
  異様な服装をしている者
  第4号
  はり紙、ビラ、掲示板、プラカード、旗及びのぼりの類を持っている者
  第5号
  笛、ラッパ、太鼓その他楽器の類を持っている者
  第6号
  前各号に定めるもののほか、会議を妨害し、又は人に迷惑を及ぼすと認められる者
 ここで、注目をしていただきたいのは、第3号の規定です。
 
 「異様な服装をしている者」は傍聴できないんだ。
 なんかアイマイな規定だよね。傍聴をしている人に「その服装は異様だ、出て行け!」って言いかがりをつけることができそう。
 
 そのような批判があったためなのかどうかは分かりませんが、石岡市では「異様な服装をしている者」について具体的な規定をしています。
 

「石岡市議会傍聴規則及び石岡市議会委員会傍聴規則に規定する『異様な服装』に関する訓令」 平成17年10月11日
 
第1条
 石岡市議会傍聴規則(略)第10条第3号及び石岡市議会委員会傍聴規則(略)第8条第3号にいう「異様な服装をしている者」は、次の各号に類する者を指す。
 第1号
 何も着ていないか又は下着だけしか着用していない者
 第2号
 専らスポーツなど他の用途に用いる服で、議会の品位にそぐわない服を着用している者
 第3号
 議会の品位を傷つけるような図柄、デザイン(反社会的又は示威的な言葉や図案がかかれたもの・わいせつな図柄のものの類)を用いた服を着用している者
 第4号
 一般に示威的と感じられる服(迷彩服・戦闘服の類)を着用している者
 第5号
 著しく汚れていたり、異臭を放つ服を着用している者
 第6号
 歩くときに音の出る履き物(下駄、木製サンダルの類)を履いている者

 ここで、注目していただきたいのは、やはり第1号です。
 
 はははっ!
 「何も着ていないか又は下着だけしか着用していない者」って、そんな人は傍聴する以前に捕まるよね!
 
 それと「何も着ていない」のが「異様な服装」というのも、矛盾しているように思えます。
 
 石岡市では、かつて全裸で会議を傍聴をしようとした人がいたってコトなのかな?