トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・職員が遊ぶときにケガをしないように!
「長野県諏訪市、諏訪市職員の元気回復に関する規則」 平成3年3月25日
 
 「法律」の「なんか、ほのぼの」でご紹介したしように、法律らしくない法律用語として「元気回復」があります。
 
 堅苦しい法律の条文に「元気回復」ってあるとビックリするよね。
 
 「元気回復」は地方公務員法という法律の中に使用されています。そして、地方公務員法を受けて「諏訪市職員の元気回復に関する規則」では元気回復について様々な規定をしています。
 元気回復の意義が、第2条に規定されています。
 
第2条 (意義)
  この規則において、職員の元気回復とは、一定の日時、場所において組織的、計画的に行われる旅行、スポーツ、文化活動等のレクリエーションをいう。
 なんか、学校の行事のコトを言っているみたいだね。
 
 元気回復をするときの注意についても規定されています。
 
第3条 (計画及び実施)
  第2項
  課等の長及び職員は、前項の規定により元気回復を実施しようとする場合は、事故が起こらないよう最善の措置を講じなければならない。
 「遊ぶときはケガをしないように」ってことね。これも学校の先生向けの注意みたい。
 
 元気回復の調整についても規定されています。
 
第5条 (総務課長の調整)
  総務課長は、職員の元気回復について、その普及指導に当たるとともに、全般的な調査を行い、職員間の元気回復が均衡のとれたものになるよう調整を行わなければならない。
 総務課長は、職員の元気回復について普及指導したり、元気回復が均衡のとれたものになるように調整しなければなりません。
 
 総務課長は学校の校長先生といったところね。
 しかし、諏訪市の職員の方はイイね。いろいろと元気回復について配慮してもらえて。
  
 きっと、職員の福利厚生がしっかりしている自治体なのでしょう。