トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・文書は役所の命?
「熊本県宇土市、宇土市文書管理条例」 平成13年3月23日 
 
 これは、市の保有する情報の公開と文書の管理について規定した法律です。
 
 いかにも役所が作った法律ってカンジだね。
 
 まず、標語みたいな規定があります。
 
第8条 (文書の取扱いの基本)
  第1項
  文書は、正確、迅速、丁寧に取扱い、事務が適正かつ効率的に行われるように処理し、及び管理しなければならない。
 「正確、迅速、丁寧」ってテンポいいね。牛丼屋さんみたいだけど。
 
 「なんで、わざわざそんなことを?」と思わせる規定もあります。
 
第3条 (責務)
 第3項
 市民は、文書を適正に利用し、紛失等が発生しないよう努めなければならない。 
 
第22条 (保存文書の利用)
 第2項
 保存文書は、汚損し、破損し、又は紛失しないように努めなければならない。 
 
第24条 (文書の廃棄)
 行政機関は、文書の保存期間が満了する以前に当該文書を廃棄してはならない。ただし、文書の保存期間の見直し等特別の理由があるときは、この限りでない。
 「紛失しちゃダメ」「汚損、破損しちゃダメ」「保存期間満了前に廃棄しちゃダメ」って、どれも当たり前のことだね。
 
 「新宿区ワンルームマンション等の建築及び管理に関する条例」や「政治倫理の確立のための鹿児島県知事の資産等の公開に関する条例施行規則」もそうでしたが、文書の取り扱いに関して、なぜか非常に常識的なことをわざわざ規定している条例を多く見かけます。
 
 文書は役所の命なんだよ、きっと。