トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・文字どおりに解釈しちゃダメ?
「北海道北見市、北見市消費生活条例」 平成13年3月19日 
 
 これは、市民の消費生活の安定及び向上を図ることを目的とした条例です。
 
 いい目的だね。
 
 目的はよいのですが、「文字どおりに解釈していいのかな?」と迷ってしまう規定があります。
 
第7条 (危害を及ぼす生活用品等の供給の禁止)
  第1項
  事業者は、消費者の生命若しくは身体に対して危害を及ぼし、若しくは及ぼすおそれがあり、又はその財産に対して損害を加え、若しくは加えるおそれがある生活用品等を消費者に供給してはならない。
 「生命若しくは身体に対して危害を及ぼすおそれがあり、又はその財産に対して損害を加えるおそれがある生活用品等」を供給してはならないと規定しています。
 この規定を文字どおりに解釈すると、包丁やマッチなどの生活用品を供給することができないことになります。
 
 そっか。包丁やマッチは危害を及ぼすおそれや、損害を加えるおそれがあるよね。包丁やマッチ以外にも該当する生活用品はいっぱいありそうだね。
 
 しかし、この規定で言いたいのは、例えば、異物が混入した食品や、一酸化炭素を発生させる瞬間湯沸かし器など、「製品に瑕疵(かし)があり損害を加えるおそれや危害を及ぼすおそれのある生活用品等を消費者に供給してはならない」ということだと思われます。
 
 言われてみれば、そんな規定のような気がしてきた。けど、そうならそうと分かりやすく規定してほしいよね。