トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・「誠意をもって」応じなさい
「兵庫県多紀郡篠山町、篠山町土地保全条例」 平成5年9月24日
 
 この条例では、一定規模以上の開発をしようとする事業主は町長と事前に協議しなければならないと規定しています。
 
 それは別に変な規定ではないね。
 
 それはよいのですが、事前協議が終了したときは、町長は事業主と協定書を締結しなければならいと規定されています。そこに「どういうことかな?」と考えさせられる規定があります。
 
第6条 (開発行為の事前協議等)
  第3項
  当該事前協議を終了した事業主は、町長から前項の協定書の締結を求められたときは、誠意をもってこれに応じなければならない。
 事業主は、どういう対応をすれば「誠意をもって」になるのでしょう?
 
 やっぱ「町長の提示した協定書にモンクを言わずに締結をしろ」ってコトじゃない。
 
 そういうことでしょうね。
 
 なんで単に「締結しなければならない」としなかったのかな?