トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・椿と漁業の関係とは?
「東京都大島町、『椿の木』保護育成と回復に関する条例」 昭和54年6月30日
 
 これは、大島町の木として選定された「椿の木」の保護、育成およぴ回復に関し、必要な事項を定めることを目的とした条例です。
 
 条例のタイトルどおりだね。
 
 この条例には、特に保護する必要があると認める椿または椿並木を「保存樹木」または「保存並木」として指定する規定があります。
 
第6条 (保存樹木および保存並木の指定)
  第1項
  町長は、特に保護する必要があると認める椿または椿並木(国および他の地方公共団体の所有または管理するものを除く。)を保存樹木または保存並木(以下「保存樹木等」という。)として指定することができる。
 これは、変な規定ではないね。
 
 問題は、次の第7条です。
 
第7条 (配慮)
  町長は、前条の規定の適用に当たつては、住民の農林漁業等の生業の安定および福祉の向上に配慮しなければならない。
 「前条の規定の適用に当たつては、住民の農林漁業等の生業の安定」に「配慮しなければならない」としていますが、保存樹木または保存並木を指定することで、漁業に影響を与えることがあるのでしょうか?
 
 椿と漁業の関係かあ。難しい問題だね。