トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・「地域の美観」が分かれ目
「奈良県、落書きのない美しい奈良をつくる条例」 平成13年7月1日
 
 この条例は、落書きを防止するために作られた条例です。
 
 目的は、フツウだね。
 
 ただ、ちょっとかわった解釈のできる規定があります。
 
第2条 (定義)
  第1項
  この条例において「落書き行為」とは、道路、公園その他の公共の施設又は他人の塀、建物その他の工作物等に、みだりに文字、図形等を描く行為であって、地域の美観を損ねるものをいう。
 
第5条 (落書き行為の禁止)
  何人も、落書き行為をしてはならない。
 この規定のどこがおかしいの?
 
 第2条に「落書き行為」の定義がありますが「地域の美観を損ねるもの」と規定しています。ということは「地域の美観を損ね」ていなければ「落書き行為」あたらないことになります。
 
 あっそうか。
 
 例えば、奈良公園に勝手に鹿の絵を描いたとして、その絵が「地域の美観を損ね」ていなければこの条例の「落書き行為」ではないと解釈できます。
 
 奈良県には、地域の美観を損ねていない「絵」がいっぱいあったりして。