トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・市民は何をすればいいの?
「山口県下関市、関門景観条例」 平成13年10月2日
 
 これは、関門景観の魅力を更に高めるとともに将来の市民に継承することを目的とした条例です。
 
 「関門景観」って?
 
 第2条に定義されています。
 
第2条 (定義)
  この条例において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
  第1号
  関門景観 関門海峡並びにそれに面した地域における山並み等の自然環境、歴史や文化が薫る街並み及び人々の活動により構成される景観の総称をいう。
  第2号
  関門景観の形成 関門景観を保全し、育成し、又は創造することをいう。
 なんか、分かったような分からないような・・・。とにかく「関門景観」って「自然環境と街並みと人々の活動により構成される景観の総称」ね。
 
 第6条第1項に「関門景観」に関する「市民の責務」が規定されています。
 
第6条 (市民及び事業者の責務)
  第1項
  市民は、第3条の趣旨を踏まえて、関門景観の形成に関する意識を高めるとともに、自ら進んで関門景観の形成に寄与するよう努めなければならない。
 なんか抽象的な規定だね。「第3条の趣旨」って?
 
 では、第3条です。
 
第3条 (基本理念)
  第1項
  関門景観の形成は、下関市及び下関市民又は北九州市及び北九州市民が個別に行うのみならず、両市及び両市民が、共同して行うことが求められていることにかんがみ、両市及び両市民はこれを連携して行わなければならない。
 
  第2項
  関門景観の形成は、市域内部における景観のみならず、関門海峡の対岸及び海上からの眺望についても配慮して行わなければならない。
 
  第3項
  関門景観が現在及び将来の市民にとってかけがえのない貴重な財産であることにかんがみ、将来の市民に、より魅力あるものとして継承していかなければならない。
 ええと、第1項が「両市及び両市民はこれを連携しなければいけない」、第2項が「対岸及び海上からの眺望についても配慮しなければいけない」、第3項が「将来の市民に継承しなければいけない」と・・・。ああ疲れた。
 
 この第3条をうけて、第6条第1項があります。
 
 第6条第1項って何だたっけ?
 
 ではもう一度、出しましょう。
 
第6条 (市民及び事業者の責務)
  第1項
  市民は、第3条の趣旨を踏まえて、関門景観の形成に関する意識を高めるとともに、自ら進んで関門景観の形成に寄与するよう努めなければならない。
 やっぱり、抽象的でよく分からない規定だね。
 
 そうですね。第3条を読んでみても、第6条第1項のいう「市民の責務」が具体的にどんなことをいうのか理解できません。
 
 「関門景観」が重要だということは分かったよ。