トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・当たり前の規定・・・なのか?
「滋賀県犬上郡甲良町、甲良町環境美化条例」 平成15年4月1日
 
 これは、快適な生活環境の保持と清潔で美しい緑豊かなまちづくりを目的とした条例です。
 
 目的はフツウだね。
 
 この条例、法律独特の難解な条文は無いのですが、第4条に「え?」と思わせる規定があります。
 
第4条 (町民の責務)
  第1項
  町民は、地域の良好な生活環境をつくるため、相互に協力して自らが積極的に生活環境の保全に努めるとともに、町が環境美化のために実施する施策に積極的に参加するよう努めなければならない。
 
  第2項
  町民はごみの減量化・再資源化に積極的に取り組むとともに、再生品の使用もしくは不用品の活用等により再利用に努めるものとする。
 第1項と第2項は問題ないね。
 
 問題は、次の第3項です。
 
同条
  第3項
  町民は、生活環境を悪化させたときは、自らの責任において必要な措置を講じなればならない。
 えーと、これは・・・当たり前のことを規定しているの?
 
 例えば、ゴミを捨てなかったことにより生活環境が悪化した場合は、自分でそのゴミを捨てなければいけない、ということなのでしょうか?
 だとすれば、わざわざ規定することもないわけで「いやもっと深い意味があるのでは」と考えてしまいます。

 
 ある意味、難解な条文だね。