トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・消さなくていい落書き
「鳥取県米子市、米子市快適な生活環境の確保に関する条例」 平成14年12月25日
 
 これは、落書きと放置自転車に関する条例です。
 
 どちらも、自治体にとってはアタマの痛い問題だね。
 
 落書きに関する条例には、例外なく「落書きは消しましょう」という規定があります。
 この条例にもその規定があります。
 
第6条 (落書きに対する措置)
  第2項
  市長は、公共施設等に落書きがされた場合にあっては、当該落書きの消去に努めるものとする。
 そうだね。「落書きは消しましょう」という規定だね。
 
 分からないのは、次の第3項の規定です。
 
同条
  第3項
  前項の規定にかかわらず、市長は、公共施設等にされた落書きをした者の発見のため、その他の理由により必要があると認めるときは、当該落書きの被覆その他必要な措置を講じた上、当該落書きの消去を行わないことができる。
 市長が「必要があると認めるとき」は、落書きを消去しなくてもいいんだ!
 
 この「必要があると認めるとき」とは、どんな場合を想定しているのでしょうか?
 
 うーん、落書きだけど、価値のある落書きだったときのことかなあ?
 
 芸術的に価値のある落書きは残そう、という趣旨なのでしょうか?気になる規定です。