トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・オンブズパーソンどうやって決めるの?
「兵庫県川西市、川西市子どもの人権オンブズパーソン条例」 平成10年12月22日
 
 この条例は「子どもの人権オンブズパーソン」を設置し、子供の人権を尊重・確保することを目的とした条例です。
 
 「子どもの人権オンブズパーソン」ってどんな仕事をするの?
 
 第6条に規定があります。
 
第6条 (オンブズパーソンの職務)
  オンブズパーソンは、次に掲げる事項を所掌し、子どもの人権案件の解決に当たる。
  第1号
  子どもの人権侵害の救済に関すること。
  第2号
  子どもの人権の擁護及び人権侵害の防止に関すること。
  第3号
  前2号に掲げるもののほか、子どもの人権の擁護のため必要な制度の改善等の提言に関すること。
 子どもの人権に関すること全般が職務って感じね。オンブズパーソンの仕事はタイヘンそうだね。
 
 そのタイヘンな仕事をするオンブズパーソンの選定基準が第5条にあるのですが、ちょっと首をひねりたくなる条文があります。
 
第5条 (オンブズパーソンの組織等)
  第3項
  オンブズパーソンは、人格が高潔で、社会的信望が厚く、子どもの人権問題に関し優れた識見を有する者で、次条に規定するオンブズパーソンの職務の遂行について利害関係を有しないもののうちから、市長が委嘱する。
 「人格が高潔」「社会的信望が厚」いとういうのは、どうやって判断するのでしょうか?
 
 例えば「5人以上の推薦人が必要」とかにすればよかったのね。
 
 結局、この点は市長サンの主観的な判断で決まるのでしょう。
 
 じゃあ「社会的信望が厚く」を「市長の信望が厚く」に条文を改正したほうがいいね。