トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
・「その他の必要な措置」ってなあに?
「群馬県、犯罪防止推進条例」 平成16年6月16日 
 
 「群馬県、犯罪防止推進条例」は二度目の登場です。
 
 まだ、何か変な条文があるの?
 
 ちょっと考えさせられる条文があります。
 
第13条 (通学路等における子どもの安全の確保)
  第2項
  県民は、通学路等において、子どもが危害を受けていると認められる場合又は危害を受けるおそれがあると認められる場合には、警察官への通報、避難誘導その他の必要な措置をとるよう努めるものとする。
 この条文のどこが考えさせられるの?
 
 条文の「その他の必要な措置」がどのような内容なのか考えさせられます。
 例えば、人気のない通学路で子どもが無理やり車に連れ込まされそうになっている現場に、偶然あなたは通りかかったとします。
 
 誘拐現場に遭遇したのね。
 
 その時どう対処しますか?
 
 えーと、大声を出して犯人を驚かす。
 
 それでも、犯罪行為を止めない場合はどうします?
 
 うーん、誰か強そうな人を呼ぶ、ってあたりに人はいないのか。
 となると、最後は実力で犯人に立ち向かうしかないのかな。
 
 そうなんです。条文の「その他の必要な措置」は状況によっては、「実力で犯人に立ち向かう」ことを意味する可能性があります。
 
 腕に覚えがある人とかはいいけど、そうでない人は「実力で犯人に立ち向かう」なんてことはとても勇気がいることだね。というか、無理だね。
 
 とういうわけで、群馬県民の方は、どんな「その他の必要な措置」でも行えるよう体を鍛えておきましょう。