トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・オトナの事情?
「北海道上川郡下川町、森林づくり寄付条例」
 
 「森林」と書いて「もり」と発音します。だから「もりづくり寄付条例」と発音するのが正式のようです。
 
 どんな条例なの?
 
 第1条に、この条例の目的が書かれています。
 
第1条 (目的)
  この条例は、下川町が将来にわたりみどり豊かな森林を守り、地球温暖化の要因となる二酸化炭素の吸収など、森林の持つ多様な機能が発揮できるよう、下川町有林を整備する財源の一部として広く寄付金を募ることにより、都市と山村のふれあいと寄付者の環境保全への社会的貢献及び循環型林業の推進に寄与することを目的とします。
 要するに、下川町の森林(もり)づくりのために、広く寄付を募るということだね。
 
 目的は結構なのですが、「あれっ?」と思う条文があります。
 
第2条 (寄付金の額)
  寄付金は、一口1万円とします。ただし、一口の額を下回る場合でも受けることができるものとします。
 一口1万円としながら、1万円以下でもOKなんだ。
 だったら、「一口いくら」なんて決めなければいいのに。
 
 「そこはキミィ、ある程度まとまった額の寄付じゃないと手数ばっかりかかってしょうがないなんちゅうことになるよ。」
 「でも、一口単位でしか受け付けないとすると、それ未満の寄付は受け付けないということに・・」
 「じゃあ、一口未満でも受け取ることができるように条文に明記し給えよ。」
 こんなやりとりがあったのかどうかは分かりませんが、ちょっと不可解な条文ですね。
 
 なんか、「大人の事情」のニオイがする条文だね。