トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
・晩酌をいっぱいした人はチャンピオン
「旧岡山県小田郡美星町、繁栄条例」 昭和60年12月20日、現在廃止 
 
 過疎化対策の条例を制定している自治体はたくさんあるのですが、この「繁栄条例」は少し変わっています。
 
 「繁栄条例」ってすごいネーミングだね。「産メヨ増ヤセヨ子孫繁栄」ってわけ?
 
 古いなあ・・・。
 第2条に美星町が行うイベントが列挙されているのですが、その第2号が変わっています。
 
第2条
 第2号
 町民の模範となる優れた記録を持つ者を、町民チャンピオンとして認定する。
 「町民チャンピオン」!?何それ?
  
 なんでも次の7種類の種目について町民チャンピオンを認定して、認定証と楯を贈るらしいです。
 
・「ファミリー年齢チャンピオン」
 家族の中に三世代の夫婦を含み、同居している世帯員の年齢を合計した数が最も大きい家族
・「カップル年齢チャンピオン」
 同居している夫婦の年齢の合計が最も大きい夫婦
・「晩酌チャンピオン」
 晩酌の回数が最も多い町民
・「子宝チャンピオン」
 義務教育以下の子供を一人以上含め、子供の数が最も多い夫婦
・「献血チャンピオン」
 献血手帳に記載されている献血の回数が最も多い町民
・「動物飼育チャンピオン」
 六ヶ月以上飼育している動物の種類が最も多い町民
・「有段者チャンピオン」
 取得している免許又は段位の合計が最も大きい町民
 
 晩酌の回数が表彰されるんだ・・・
 
 「晩酌」「献血」の回数や「飼っている動物の種類」の数を表彰している自治体って、たぶん美星町だけでしょうね。
 追記:美星町の井原市への編入に伴い、この「繁栄条例」は廃止されました。とても残念に思います。