トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・人力で走る鉄道
「軌道運輸規程」 大正12年12月29日
 
 前に紹介をした「鉄道営業法」もそうなのですが、鉄道に関する法律は制定が古いものが多いようです。
 この「軌道運輸規程」は大正12年に制定されました。
 
 すごいね、90年近く前にできた法律が今でも生きているんだね。
 
 その古さ故に、いろいろと奇妙な条文が残っています。
 16条3項には、以下の条文があります。
 
第16条
 第3項
 鉄道営業法第11条 及第11条ノ2 、鉄道運輸規程第29条 、第30条及第73条ノ規定ハ人力、馬力ノミヲ以テ動力ト為(な)ス軌道ノ託送(たくそう)手荷物及動物運送ニ付之ヲ準用ス
 ええっ、「人力、馬力ノミヲ以テ動力ト為ス」ってなに?
 人や馬が動力の鉄道なんてあったの?
 
 それがあったのです。
 馬力を利用した鉄道を「馬車鉄道」と、人力を利用した「人車鉄道」といいました。
 また、驚くような条文もあります。
 
第13条
 第1項
 死体ヲ託送(たくそう)セムトスル者ハ死亡証書ヲ呈示シ其ノ写(うつし)ヲ提出スヘシ
 
 第2項
 死体ノ運送ニハ託送人ニ於(おい)テ附添(つきそい)人ヲ附(ふ)シ之カ積卸(つみおろし)ヲ為サシムヘシ
 13条には、死体を鉄道で運ぶときの規定があります。
 1項は運ぶときは死亡証明書が必要であるとして、2項は死体には付き添い人が必要であると規定しています。
 
 で、死体の積み卸しは付き添いの人がしろって、スゴイ規定だね。
 大正時代には、鉄道で死体を運ぶなんてコトがよくあったのかな?
 
 「軌道運輸規程」には、他にも奇妙な条文があります。
 それらについては、次回ご紹介いたしましょう。