トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・新幹線ホームでの紙吹雪は特例法違反?
「新幹線鉄道における列車運行の安全を妨げる行為の処罰に関する特例法」 昭和39年6月22日 
 
 これは一般に「新幹線特例法」と呼ばれる法律です。新幹線に関して「鉄道営業法」の特例などを規定しています。
 
 新幹線って、なんか「特別な電車」っていうイメージがあるけれども、法律も特別だったんだね。
 
 わずか4条からなる法律ですが、最後の第4条に気になる規定がありました。
 
第4条 (列車に物件を投げる等の罪)
 新幹線鉄道の走行中の列車に向かつて物件を投げ、又は発射した者は、5万円以下の罰金に処する。
 なんでこの規定が気になるの?
 常識的な規定だと思うけれど。
 
 この規定には「新幹線鉄道の走行中の列車に向かつて物件を投げ」とあります。
  停止していない状態が「走行中」だとすれば、新幹線がホームから走り出した間際でも「走行中」ということになります。
 
 そうだね。
 
 だとすると、例えば、ホームから走り出した新幹線に紙吹雪をまく行為も、この規定に違反してしまうことになります。
 
 あっそうか、ホームで見送る人が、新婚旅行や栄転のお祝いで新幹線に紙吹雪をまくなんてコトがあるもんね。
 
 ホームに「動き出した新幹線に紙吹雪などをまく行為は、新幹線特例法に違反する犯罪行為です」と注意書きをしたほうがよいかもしれません。