トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・仏像や勲章を差し押さえちゃダメ!
民事執行法 昭和54年3月30日
 
 「民事執行法」という法律には、借金といった債務を負っている人の財産について、処分を禁止する「差押(さしおさ)え」という制度が規定されています。
 
 つまり、財産を勝手に売ったりすることが出来ないようにするのね。
 
 しかし、債務を負っている人にも生活がありますので、民事執行法では差し押さえの対象とすることのできない財産を「差押禁止動産」として規定しています。例えば、131条には以下の規定があります。
 
第131条 (差押禁止動産)
 次に掲げる動産は、差し押さえてはならない。
 
第1号
 債務者等の生活に欠くことができない衣服、寝具、家具、台所用具、畳及び建具
 
第2号
 債務者等の一月間の生活に必要な食料及び燃料
 衣類や寝具、一ヶ月分の食料や燃料なんかは、生活に必要だから差し押さえできないんだね。
 
 これらの規定は理解することができるのですが、次の規定は理解することが困難です。
 
第131条 (差押禁止動産)
 次に掲げる動産は、差し押さえてはならない。
 
第8号
 仏像、位牌その他礼拝又は祭祀に直接供するため欠くことができない物
 
第10号
 債務者又はその親族が受けた勲章その他の名誉を表章する物
 ははは、仏像や勲章も差し押さえできないんだ。
 確かに、生活に絶対に必要ってワケじゃないよね。
 
 仏像や位牌は生活に必要であるといえなくもないのですが、「勲章その他の名誉を表章する物」は明らかに生活に必要ではありません。
 この規定が制定された経緯を知りたいものです。
 
 裁判所が勲章を差し押さえるとはケシカラン、なんていう問題があったのかな?