トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・「へえへえ決して逆らいません」な法律
「一般職の職員の給与に関する法律」 昭和25年4月3日 
 
 法律を制定・改正するときには、効力が上位の法律に矛盾しないように注意をする必要があります。
 
 人間社会みたいに、法律の世界にも上下関係があるんだね。
 
 多くの場合「法律の上下関係」は、最高規範である憲法との間で問題となるのですが、国会が制定した法律内部で問題となることもあります。
 「一般職の職員の給与に関する法律」には、「国家公務員法」との関係について規定した条文があります。
 
第1条 (この法律の目的及び効力)
 第2項
 この法律の規定は、国家公務員法のいかなる条項をも廃止し、若しくは修正し、又はこれに代わるものではない。この法律の規定が国家公務員法の規定に矛盾する場合においては、その規定は、当然その効力を失う。
 もし、「国家公務員法」が改正されて「一般職の職員の給与に関する法律」との間で矛盾が生じた場合「一般職の職員の給与に関する法律」側の効力が失われる、と自ら宣言しています。
 
 「へえへえ、国家公務員法様には決して逆らいません」ってコトだ。
 法律のクセに、妙に人間臭くていいね。