トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・全日空の機内だったら犯罪OK?
「刑法」 明治40年4月24日
 
 犯罪となる行為と刑罰を規定している「刑法」には、この法律がどの場所の犯罪にまで適用されるかについての条文が冒頭に登場します。
 
 どこまでが刑法のテリトリーなのかが、最初に規定されているんだね。
 
 第1条では「国内犯」についての説明がされています。
 
第1条 (国内犯)
第1項
 この法律は、日本国内において罪を犯したすべての者に適用する。
 
第2項
 日本国外にある日本船舶又は日本航空機内において罪を犯した者についても、前項と同様とする。
 ええと、日本国外にある日本センパクや・・・「日本航空機内?」。日本国外にある日本航空の機内だと刑法の適用があるんだ。
 てことは、日本国外のある全日空の機内だったら刑法の適用は無いの?
 
 もちろん、そうではありません。
この規定の「日本航空」は社名ではなく、一般的な意味での「日本の航空機」の意味です。
 
 なんだ、日本国外の全日空の機内では犯罪OKなのかと思ったよ。
 
 日本で国際線を就航をしているのが日本航空のみだった時代は問題無かったのかもしれませんが、今では全日空も国際線を就航させていますので、誤解を生じさせる恐れのある規定となっています。