トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・正義の組織の委員はやっちゃダメ!
「警察法」 昭和29年6月8日
 
 この「警察法」には、国家公安委員会についての規定があります。
 
 国家公安委員会って、どんなコトをするの?
 
 第5条第1項に、国家公安委員会の任務について規定されています。
 
第5条 (任務及び所掌事務)
  第1項
  国家公安委員会は、国の公安に係る警察運営をつかさどり、警察教養、警察通信、情報技術の解析、犯罪鑑識、犯罪統計及び警察装備に関する事項を統轄し、並びに警察行政に関する調整を行うことにより、個人の権利と自由を保護し、公共の安全と秩序を維持することを任務とする。
 カッコイイね。「正義の組織」って感じだ。
 
 第10条第3項に国家公安委員会を構成する委員がやってはならないことが規定されているのですが、「どのような意味だろうか?」と考えさせられました。
 
第10条 (委員の服務等)
  第3項
  委員は、政党その他の政治的団体の役員となり、又は積極的に政治運動をしてはならない。
 「積極的に政治運動をしてはならない」ということは、消極的に政治運動をすることは問題ないことになります。
 しかし、どのようにして、政治運動が積極的なのか消極的なのかを判断するのでしょうか?
 
 正義の組織を構成する人がやってはイケナイことだから、積極的に政治運動をすることって、きっと悪いことなんだよ。