トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・死刑に関する意外な規定
「監獄法」 明治41年3月28日
 
 再び、刑務所に関する法律「監獄法」です。今回は、死刑についての規定です。
 
 なんだが、怖そうな規定だね。
 
 死刑を執行してはいけない日というものが規定されています。
 
第71条
  第2項
  大祭祝日、一月一日二日及ヒ十二月三十一日ニハ死刑ヲ執行セス
 祝日と年末年始は死刑を執行しちゃいけないんだね。おめでたい日は執行しないということね。「大祭」って?
 
 「大祭」とは、皇室の祭祀のことをいいます。現在は廃止されていますが「皇室祭祀令」という法律があって「大祭」の日を定めていました。
 しかし、この規定はある意味スゴイです。
 
 なんで?
 
 これらの日に死刑を執行してはいけないというのは、法律が「縁起をかついでいる」ことに他ならないからです。
 
 あっそうか。年中無休の刑務所でこの日は死刑を執行しちゃいけないって、合理的な理由が無いよね。
 
 「法律は人が作るもの」ということですね。