トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・新しい法律の不公平な規定
「刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律」 平成17年5月25日
 
 この法律は、刑務所に関する新しい法律です。
 
 前は「監獄法」だったね。新しい法律でも、変な規定があるの?
 
 ちょっと、不公平じゃないかという規定があります。
 
第16条 (識別のための身体検査)
  第1項
  刑務官は、受刑者について、その刑事施設における収容の開始に際し、その者の識別のため必要な限度で、その身体を検査することができる。その後必要が生じたときも、同様とする。
  第2項
  女子の受刑者について前項の規定により検査を行う場合には、女子の刑務官がこれを行わなければならない。ただし、女子の刑務官がその検査を行うことができない場合には、男子の刑務官が刑事施設の長の指名する女子の職員を指揮して、これを行うことができる。
 ええと、第16条第1項が身体検査の規定で、第2項は受刑者が女子の場合の規定だね。
 受刑者が女子の場合は、女子の刑務官が身体検査を行わなければならないんだね。
 あれ、受刑者が男子の場合は?
 
 この規定だと、受刑者が男子の場合は女子の刑務官が身体検査を行ってもよいということになります。
 デパートや駅の男性トイレの掃除を、女性がやっていてもあまり違和感がないのと同じ発想なのでしょうか?
 あと、受刑者に刑務所が物品を貸与又は支給することができる規定があるのですが、一定の歯止めがかかっています。
 
第20条 (物品の貸与等の基準)
  第十七条又は前条第二項の規定により貸与し、又は支給する物品は、受刑者の健康を保持するに足り、かつ、国民生活の実情等を勘案し、受刑者としての地位に照らして、適正と認められるものでなければならない。
 要するに、あまりゼイタクなものはダメってことね。
 あっ、パソコンはどうなんだろう?
 
 うーん、どうでしょうね。
 
 パソコンは認めてほしいなあ。メールのチェックができないと、生活できないもん。
 
 それじゃあ、刑務所に入らないようにしましょうね。