トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・総務大臣なんとかしてくれ!
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」 平成14年4月17日
 
 スパムメールって届いて来ます?
 
 毎日、携帯やパソコンにいっぱい届くよ。もお、削除するのがタイヘン。
 
 営利団体や個人が、営業について広告又は宣伝する目的で個人に送信したメールを「特定電子メール」といいます。スパムメールのほとんどが、この「特定電子メール」にあたります。
 
第2条 (定義)
 第2号
 特定電子メール 次に掲げる者以外の者に対し、電子メールの送信をする者(営利を目的とする団体及び営業を営む場合における個人に限る。以下「送信者」という。)が自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うための手段として送信をする電子メールをいう。
 イ あらかじめ、その送信をするように求める旨又は送信をすることに同意する旨をその送信者に対し通知した者(当該通知の後、その送信をしないように求める旨を当該送信者に対し通知した者を除く。)
 ロ その広告又は宣伝に係る営業を営む者と取引関係にある者
 ハ その他政令で定める者
 あらかじめ、送信に同意した場合なんかは「特定電子メール」にあたらないんだ。
 
 そして、「特定電子メール」を受け取った人は一定の場合、総務大臣に対し適当な措置をとるべきことを申し出ることができます。
第8条 (総務大臣に対する申出)
 特定電子メール又は送信者情報を偽った電子メールの受信をした者は、第三条、第四条又は第六条の規定に違反して電子メールの送信がされたと認めるときは、総務大臣に対し、適当な措置をとるべきことを申し出ることができる。
 「特定電子メール」が、第3条、第4条、第6条に違反している場合、総務大臣に申し出ることができるんだ。
 
 重要なのは、第3条ですね。
 
第3条 (表示義務)
 送信者は、特定電子メールの送信に当たっては、総務省令で定めるところにより、その受信をする者が使用する通信端末機器の映像面に次の事項が正しく表示されるようにしなければならない。
 第1号
 特定電子メールである旨
 第2号
 当該送信者の氏名又は名称及び住所
 第3号
 次条の通知を受けるための当該送信者の電子メールアドレス
 第4号
 その他総務省令で定める事項
 「特定電子メール」には書かなければいけないことが、いっぱいあるんだね。
 
 第3条第1号の「特定電子メールである旨」とは、件名欄に「未承諾広告※」と表示させることです。
 今度スパムメールが届いたら、第3条各号の事項がちゃんと書かれているかチェックましょう。
 もし、書かれていなければ総務大臣に申し出ることができます。
 
 しつこくスパムメールを送ってくる業者には、逆にいやがらせメールを送ってやろうかと思ったけど、チェックしてからにしよう。
 
 自分が違法行為するようなマネは止めましょうね。