トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・「数え年」「満年齢」法律はどっち?
「年齢のとなえ方に関する法律」 昭和24年5月24日
 
 自分の年齢を言うとき、「数え年」で言いますか?それとも、「満年齢」?
 
 自分は数え年は使わないけど、お爺ちゃんやお婆ちゃんは数え年を使うことが多いね。
 でも、それがどうしたの?
 
 年齢の数え方は法律で決まっているのです。
 
第1項
  この法律施行の日以後、国民は、年齢を数え年によつて言い表わす従来のならわしを改めて、年齢計算に関する法律(明治35年法律第50号)の規定により算定した年数(1年に達しないときは、月数)によつてこれを言い表わすのを常とするように心がけなければならない。
 ホントだ数え年は改めなければいけないんだ。
 あと、この法律以前にも、数え年を改めなければいけない法律があったんだ。
 
 そうです。
 条文にもあるように「年齢計算ニ関スル法律」というのがあって、ここで「満年齢」にするように規定されました。しかし、全然普及しなかったことから、昭和24年に改めてこの法律が制定されりました。
 
 よけいなお世話という気もするね。
 
 たぶん、選挙権の取得年齢や年金受給年齢なんかを決めるときに混乱しないようにと規定したのだと思います。
 
 でも、「満年齢」のほうが一歳若くなるからそっちのほうがイイかなあ