トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です
 
 
 
・単なる通訳じゃダメ
「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定」 昭和35年6月23日
 
 再び「日米地位協定」です。
 
 まだなんかあるの?
 
 この条約には、アメリカ合衆国軍隊の関係者が日本国で公訴を提起された場合の権利に関する規定があります。
 
第17条
  第9項
  合衆国軍隊の構成員若しくは軍属又はそれらの家族は、日本国の裁判権に基づいて公訴を提起された場合には、いつでも、次の権利を有する。
 
 (f) 必要と認めたときは、有能な通訳を用いる権利
 「有能な通訳」を用意しなければ、条約違反になってしまいます。
 
 単なる通訳じゃダメなんだね。日本国が用意した通訳が「有能な通訳」ではないことがあって、こんな規定ができなのかな?