トップページです
全体の構成が分かります
「変な法律」の説明や、当サイトの目的を紹介しています
当サイトのメインです。思わずツッコミをいれたくなる法律を多数紹介しています
奇妙な裁判を紹介しています
法律に関する雑談を紹介しています
まだ未定でございます
他の法律系サイト、相互リンクサイト等を紹介しています
「変な法律」管理人のある日の日記です

・「変な法律」の死活問題か?
『現行法規総覧』が無くなった!
 
  先日、「変な法律」のネタを探しに図書館の資料室に向かった。目的の本は、すべての法令が収録されている『現行法規総覧』だ。だが、いつもと部屋の雰囲気が違う。どうやら本の配置を変更したようだった。

 いつも『現行法規総覧』がどおんと置かれている本棚に、別の資料が置かれていた。では、『現行法規総覧』はどこに移動したのだろうか?とウロウロと探すがどこにも無い。『現行法規総覧』は計100冊以上からなる膨大な書籍群である。もしあればすぐに見つかるはずだ。だがどうしても見つからない。

 そこで、図書館司書サンに尋ねてみた。返事は「処分しました」という素っ気のないものだった。確かに、『現行法規総覧』は場所をとる。しかも、私以外にそれを利用していた人を見たことが無い。要するに、場所をとる上需要の無い本なのだ。しかし、処分することはないだろうと思った。

  私が絶句していると、司書サンは「CDROM版で見ることが出来ますよ」と言葉を続けた。どうやら『現行法規総覧』のCDROM版を購入したので、書籍の方は処分したということのようだ。

  そこで、CDROM版『現行法規総覧』を閲覧したのだが、ここで大きな問題に直面した。

 コピーが取れないのだ。CDROMを自分のパソコンで閲覧できるのなら、コピーアンドペーストで条文をコピーすることができる。だが、CDROMは図書館側が用意したパソコンでしか閲覧できない上に、プリンターは使用不可ときている。以前のように書籍だったら、複写機で条文のコピーをとることができるのに、と歯がゆい。いつも図書館の帰りがけ「変な法律」候補のコピーを見つつ、サイトにのせる文書を考えるというスタイルをとっていたのだ。

 仕方が無いので、手で書き写すことにした。もちろん条文全部を書き写すのは大変なので、法律の名前と条文のナンバーだけ書き写して、自宅で条文の検索をかけることにした。

 だが、この方法は長続きしなかった。総務省の「法令データ提供システム」というサイトですべての憲法・法律・命令・規則の検索ができることが分かったからだ。条約・条例についても別のサイトで検索できた。インターネットは偉大だ。
 
 しかしながら、あの分厚い『現行法規総覧』を机に積み上げて一枚ずつページをめくって「変な法律」を探す作業も「あれはあれで楽しかった」としみじみ思ったりするのである。
 
 この一連の出来事をネタにして「特集」に「六法全書にも載っていない法律を探すには?」という文章を書いた。ご一読いただければ幸いである。